*

七草粥の意味や由来や風習とは?いつ作って食べるのが正解!?

公開日: : 季節・イベント

春の七草をおかゆにして食べる「七草粥」の意味や由来や風習についてまとめました。

七草がゆを作る時間や食べるタイミングに正解はあるのでしょうか?

現代だからできるレトルトやフリーズドライを使った簡単な七草がゆ、あなたも作ってみませんか?

 

春の七草を使った七草粥の意味とは?

1月7日は春の七草を使って

七草粥を食べると言いますが、

これにはどんな意味があるのでしょうか?

 

 

まず、春の七草を紹介します。

 


 
  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ
  • スズシロ
 

この7種類の若菜が、

春の七草です。

 

 

草の名前を見ても、

馴染みがなさすぎてよくわかりません。

 

写真を見ると、

ちっちゃいカブと大根の姿が確認できます。

 

残りは、七草粥に苦味をもたらす

草のみなさんですね(笑)

 

 

この春の七草が入ったおかゆには、

お正月のお節料理やお雑煮など、

普段食べないごちそうを食べて、

負担のかかった胃腸を

メンテナンスするという意味があるそうです。

 

 

七草粥というのは、

昔からの風習ですが、

今の時代は、

クリスマスにお正月と、

以前にも増して食のお祭り騒ぎなので、

胃腸の弱い日本人にとっては、

「胃腸祝祭日」といった

意味合いになるかもしれませんね。

 

七草粥の由来や風習とは?

七草粥の由来や風習について、

もう少し詳しくみていきましょう。

 


 

日本の七草のルーツは、

中国にありました。

 

もともと中国では

1月7日に7種類の若菜を

入れた吸い物を食べることで、

厄除けや病気をしないという

風習があったそうです。

 

この風習が日本に入ってきて、

江戸時代には庶民の間で

この風習が浸透していったようです。

 

 

七草の由来は、

中国から来ていますが、

日本ではお吸い物ではなく、

おかゆとして浸透しているのが

おもしろいですね。

 

ビタミンたっぷりの若菜と

消化のいいおかゆの組み合わせは、

やはり日本人の胃腸の弱さと関係あるのでしょうか・・・!?

 

七草粥をいつ作っていつ食べる?

七草粥を作る時間や食べるタイミングにも、

昔は決まり事があったようです。

 

 

七草粥のスタートは食材調達からです。

 

まずは、1月6日に野山で春の七草を摘んできます。

 

続いて、1月6日の夜に「はやし歌」を歌いながら、

七草を刻んだそうです。

 

ここまでは、七草粥の仕込みですね。

 

 

そして1月7日の朝、おかゆに入れて食べていたのだとか。

 

食材調達から実際に食べるまでに、

なんと半日以上かかっています!!

 

「七草」という行事ひとつとってみても、

昔はとても手間がかかっていたんですね。

 

現代日本ではここまで簡単に七草がゆが食べられる!

現代の日本では、

野山で7種類の若菜を探さなくても、

スーパーで簡単に春の七草を見つけることができます。

 

スーパーで食材を調達し、

七草をザクザク切って、

おかゆモードに設定した炊飯器で

お米と一緒に炊き込めば、

ほぼ手間なしで七草粥ができてしまいます。

 

 

「その手間すらも惜しい」

「少量でいい」

「1月7日に限らず好きな時に食べたい」

 

そんな現代のニーズにピッタリなのが、

フリーズドライ七草とレトルトおかゆの

組み合わせではないでしょうか?

 

ネット購入すれば、

買いに行く手間すら必要ありません。

 

 
 

 

フリーズドライの

春の七草ならば、

保存がきくので、

胃腸メンテに効果ありの

七草粥が思い立った日に食べられます。

 

しかも、調理方法がめちゃくちゃ簡単。

おかゆに入れて混ぜるだけ。

 

野山に入っていた時代から

進化しすぎですね(笑)

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味の素KKおかゆ 白がゆ 250g
価格:97円(税込、送料別) (2017/1/6時点)


 

 

おかゆだって、

レトルトなら温めるだけです。

 

楽天市場のレビューを見ていて、

思わず笑ってしまったのが、

おかゆって自分でも簡単に作れるけど、

レトルトの方がおいしかったというもの。

 

 

手間暇かけて作る手料理と

手抜きのレトルト&フリーズドライ、

あなたはどちらの七草粥がお好みですか!?

 

まとめ

・1月7日の七草粥には、お正月のごちそうを食べすぎた胃腸をメンテナンスするという意味合いがある。

・七草粥の由来は、中国の「7種の若菜入りお吸い物」を食べると厄除けになり病気をしないという風習からきている。

・一昔前の七草粥と言えば、前日の食材調達とはやし歌を歌いながらの仕込みとなかなか大がかりな行事であった。

・一昔前は、七草粥を食べるのは朝食が定番だったが、現代日本においては食べたいときが食べどき!?

・今の時代、簡単においしい七草粥を食べるには、レトルトおかゆとフリーズドライ春の七草の組み合わせがおすすめ。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

九州の2016年梅雨の記録的な大雨によるダム貯水率と最新の天気の行方は?

2016年6月16日に沖縄、18日に奄美地方で梅雨が明けると、九州地方で記録的な大雨が続きま

記事を読む

水不足に悩む2016年の関東のダム貯水率は今日の雨で解消される?

2016年の6月20日(月)から6月21日(火)にかけて梅雨前線の影響で、九州地方を中心に猛烈な雨が

記事を読む

富士山で2016年山開き!五合目は世界遺産登録で登山客増加中!

今日2016年7月1日(金)富士山の山梨県側の吉田ルートで2016年の山開きが行われました。富士スバ

記事を読む

【恵方巻き2017年】イオンの極恵方巻はミシュラン三つ星店の究極の味でおすすめ

2017年の2月3日節分までもうすぐですね。節分といえば、一年の無病息災や厄除けを祈って丸かぶりする

記事を読む

野菜高騰の原因つられ高騰とは?日照不足や台風以外の理由があった!

2016年9月から10月にかけて続いている野菜の価格高騰。野菜高騰の原因として日照不足や台風による影

記事を読む

出雲駅伝2016のコース見所や観光名所および区間ごとの通過予定時間まとめ

2016年10月10日(月)の体育の日に、第28回出雲全日本大学選抜駅伝競争(出雲駅伝)が開

記事を読む

宮地嶽神社の「光の道」が見られる時間(2016年10月)とアクセス方法や駐車場は?

2016年10月18日のスッキリ!!で、福岡県の宮地嶽(みやじだけ)神社に年2回だけ出現する

記事を読む

ホットケーキミックスでバレンタインチョコが10分で作れる?簡単レシピが凄い!

2月14日のバレンタインデーまでもうすぐ!バレンタインには、自分だけの手作りレシピで素敵なプレゼント

記事を読む

関東ダム貯水率のリアルタイム最新情報は?トリプル台風で回復!?

2016年の8月は猛暑やゲリラ豪雨など平年以上に異常気象に見舞われています。水不足が深刻だった東日本

記事を読む

山の日の今日8月11日はお盆の帰省ラッシュや旅行客で大渋滞発生

今日8月11日は2016年の今年から「山の日」の祝日になっています。7月に山開きした富士山など日本の

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
横山だいすけお兄さんの卒業宣言で4月から花田ゆういちろうお兄さんに交代!?

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」11代目うたのお兄さんの

イオンのひな祭りケーキが種類豊富で大人気!予約方法や締切日は?

イオンのひなまつりケーキは種類が多くておすすめ!定番の苺のショートケー

ひな祭りケーキはイオンのキャラデコお祝いケーキが可愛すぎる!?

3月3日は桃の節句・ひなまつり。2017年のイオンのひな祭りケーキは可

入学祝い用のし袋の書き方や選び方とお金の入れ方や渡し方と贈る時期は?

入学祝い・入園祝いで現金を贈る時に包む、のし袋の書き方や選び方、お金の

ゴディバのチョコレートがバレンタインに人気?ブランド価格に驚き!

明日はバレンタインデー!一年でたった一度の大切な日。大切なあの人へチョ

→もっと見る

PAGE TOP ↑