*

2016年関東の水不足対策には「雨水タンク」が効果的!節水+雨の再利用という考え方

公開日: : 最終更新日:2016/07/15 季節・イベント

雨水タンク
水不足を解消すべく、6月16日から「都民1人あたり1日10リットルの自主節水」が、東京水道局より呼びかけられています。

水を必要以上に使わないことも大事ですが、天の恵みである雨水を貯めておいて、生活用水としてリサイクルするのも立派な渇水対策です。

地方自治体から補助金が出る場合もある「雨水タンク」の設置や、雨水ストックにはどんなメリットがあるのでしょうか?

利根川水系を利用する首都圏では、すでに10%取水制限が行われています

 

日本で再利用されている雨水はわずか13%!!

このところ毎日のように、関東の水不足の報道がされています。

ダムの水が減っていて、雨が降っても思うように水位が上昇しません。

 

そして、6月16日より、10%の取水制限が始まりました。

10%取水制限」とは?「給水制限」との違いは?

 

同時に、東京水道局より、東京都民1人あたり1日10リットルの自主節水のお願いがありました。

家庭で使用される水の量は、全体の約7割を占めているので、1人1人が節水すれば渇水対策になります。

 

しかし、空から降ってくる雨を見ていると、こんな疑問が沸いてきます。

「今降っているこの雨水を貯めておけば、何かに利用できるんじゃないかな?」

 

現在、日本では、天の恵みの雨水(うすい)の利用はわずか13%だけだと言われています。

では、残りの87%はどうなったのかと言うと、川や海に流れてしまったり、土にしみ込んで蒸発してしまいます。

そんな利用できていない雨水を活用する取り組みが、すでに始まっています。

 

ダムより簡単な水不足対策は雨水タンクだった!!

雨水を利用するための取り組みとして、現在、東京都内の1,000を超えるビルで「雨水タンク」が導入されています。

都庁や六本木ヒルズにも設置されていて、東京スカイツリーの地下には、なんと2,635トンの雨水を貯めておける貯水槽があるそうです。

2014年に「雨水の利用の推進に関する法律」ができて、公共施設ではできるだけ雨水を貯めて有効活用することが推奨されているので、雨水のストックは今後どんどん増えていくと思います。

 

ちなみに「雨水タンク」とは、雨といを伝わって排水される屋根に降った雨水を集めて貯水するための容器のことを言います。

雨水を貯めておくことで、トイレの水、植物の水やり、洗車や洗濯の水などに利用できます。

 

行政の建物や商業施設に限らず、民家でも雨水タンクは設置できます。

太陽光パネルなどと一緒で、戸建て住宅の方が集合住宅よりも簡単に設置できるようです。

また、東京23区のうち、13区で雨水タンク設置に対する補助金制度が実施されています。

各ビル、各家庭で雨水を集めて再利用するということは、ダムの水を貯めるよりも簡単な渇水対策になるし、水道局の節水にも協力できますね。

 

雨水を貯めるメリットは渇水対策だけではなかった!

今回、雨水タンクが注目されているのは、ダムの貯水量減少で心配される関東の水不足に対する渇水対策に効果的だからです。

しかし、他にも多くのメリットがありました。

 
  • 節水対策
  • 洪水対策
  • 防災対策
 

節水対策に関しては、トイレや水やりなどに雨水を利用することで、水道の水を節約することができます。

雨水タンクを設置する際にはお金がかかりますが、設置してしまえば月々の水道料金の節約にもつながります。

 

洪水対策に関しては、局地的豪雨によって雨水が溢れかえるような状況で、雨水をストックすることで床下浸水などを防ぐことも期待できます。

 

防災対策に関しては、万が一、首都直下型地震や南海トラフ地震などの巨大地震によって断水になった場合でも、緊急時の生活用水として利用できます。

 

今までは水道から水が出て当たり前だと思っていましたが、断水になってようやく水のありがたさに気づくということのないようにしたいものです。

天からの贈り物である雨水を大切に使い、再利用できるものは再利用し、今年の夏を乗り切りましょう!

 

まとめ

2016年の関東の水不足には、節水と共に雨水タンクの活用が効果的。

日本で利用されている雨水はわずか13%。

民家でも雨水タンクの設置ができて、補助金制度のある自治体もある。

雨水タンクの設置は、水不足解消以外にも、水道代の節約や、洪水・防災対策も期待できる。

 

【関連記事】

・今年はカラ梅雨?関東の水不足は大雨では解消しない?

・水がめ貯水率が「過去最低」を記録!2016年の夏は関東で水不足に?

・今日の雨で首都圏の水不足はどこまで解消?

・関東の梅雨明けはいつ頃になりそう?

・東京オリンピック前の東京で起こった最強の危機とは?

・平成6年渇水で起こった給食への影響とは?

 

スポンサーリンク

関連記事

利根川水系で10%取水制限が2016年6月16日に開始で影響が東京にも及ぶ?

2016年6月14日(火)の各テレビ局のお昼のニュースで関東の水不足により、利根川水系でも10%取水

記事を読む

サーティワンのクリスマスケーキ2016年12月の予約はバラエティパックがお得!?

2016年12月に入ってからサーティワンのクリスマスケーキを予約するなら、アイスケーキよりもクリスマ

記事を読む

ゴスロリひな人形がスッキリに登場!羽生結弦がお内裏様のモデルに?

2016年2月26日のスッキリ!!に、その名も「GOTHIC」というゴスロリ調の黒いひな人形が登場し

記事を読む

ミスド(ミスタードーナツ)福袋2017の予約開始日や販売日と店舗予約の方法

先日、2017年のミスド福袋をミスタードーナツの店舗にて予約してきました。 販売日やス

記事を読む

猛暑日で岐阜県多治見で39.7℃の2016年最高気温を記録!もはや高熱レベル

今日2016年8月8日(月)も日本列島各地で猛暑日となっています。特に岐阜県多治見市は今年の夏最高気

記事を読む

クリスマスケーキ2016で予約完売必須!地元スーパーの人気商品は何?

2016年のクリスマスケーキを地元のスーパーで購入する場合、人気商品はすでに予約完売している

記事を読む

水不足に悩む2016年の関東のダム貯水率は今日の雨で解消される?

2016年の6月20日(月)から6月21日(火)にかけて梅雨前線の影響で、九州地方を中心に猛烈な雨が

記事を読む

出雲駅伝2016の予想優勝チームは青山学院大学?歴代優勝チームと過去の記録は?

出雲駅伝の季節が今年もやってきましたね。2016年も10月10日体育の日に出雲大社正面鳥居前をスター

記事を読む

出雲駅伝2016のコース見所や観光名所および区間ごとの通過予定時間まとめ

2016年10月10日(月)の体育の日に、第28回出雲全日本大学選抜駅伝競争(出雲駅伝)が開

記事を読む

ミスドのバレンタイン2017ショコラデニッシュ(チョコ&ホイップ)の感想!どっちがおいしい?

2017年1月6日から始まったミスタードーナツのショコラカーニバルで、バレンタインにピッタリのショコ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
水不足が2017年も関東で深刻化?東京や埼玉の荒川水系で23年ぶりの取水制限!

昨年2016年には関東で深刻な水不足となりました。今年の2017年も関

シスコーンズ「毎朝サクサク体操」を歌う正体はエビカニクスのケロポンズ?

あなたは今子供たちに大人気の動画「毎朝サクサク体操」をご存知ですか?シ

ケンミンショーで熊本美人に騒然!?誰もが移住したくなる熊本美人の特徴とは?

2017年5月25日(木)放送の秘密のケンミンショーの熊本美人のレベル

横浜美人がケンミンショーで遂に登場!出川の街は美人天国?

2017年5月18日(木)放送のケンミンショーで横浜美人が多数登場!こ

関東梅雨入りも降水ゼロ?関東の水不足の現在や最新貯水率は?

2017年は6月7日頃に梅雨入りした関東地方。梅雨入り後は雨が続く?と

→もっと見る

PAGE TOP ↑