*

2016年関東の水不足対策には「雨水タンク」が効果的!節水+雨の再利用という考え方

公開日: : 最終更新日:2016/07/15 季節・イベント

雨水タンク
水不足を解消すべく、6月16日から「都民1人あたり1日10リットルの自主節水」が、東京水道局より呼びかけられています。

水を必要以上に使わないことも大事ですが、天の恵みである雨水を貯めておいて、生活用水としてリサイクルするのも立派な渇水対策です。

地方自治体から補助金が出る場合もある「雨水タンク」の設置や、雨水ストックにはどんなメリットがあるのでしょうか?

利根川水系を利用する首都圏では、すでに10%取水制限が行われています

 

日本で再利用されている雨水はわずか13%!!

このところ毎日のように、関東の水不足の報道がされています。

ダムの水が減っていて、雨が降っても思うように水位が上昇しません。

 

そして、6月16日より、10%の取水制限が始まりました。

10%取水制限」とは?「給水制限」との違いは?

 

同時に、東京水道局より、東京都民1人あたり1日10リットルの自主節水のお願いがありました。

家庭で使用される水の量は、全体の約7割を占めているので、1人1人が節水すれば渇水対策になります。

 

しかし、空から降ってくる雨を見ていると、こんな疑問が沸いてきます。

「今降っているこの雨水を貯めておけば、何かに利用できるんじゃないかな?」

 

現在、日本では、天の恵みの雨水(うすい)の利用はわずか13%だけだと言われています。

では、残りの87%はどうなったのかと言うと、川や海に流れてしまったり、土にしみ込んで蒸発してしまいます。

そんな利用できていない雨水を活用する取り組みが、すでに始まっています。

 

ダムより簡単な水不足対策は雨水タンクだった!!

雨水を利用するための取り組みとして、現在、東京都内の1,000を超えるビルで「雨水タンク」が導入されています。

都庁や六本木ヒルズにも設置されていて、東京スカイツリーの地下には、なんと2,635トンの雨水を貯めておける貯水槽があるそうです。

2014年に「雨水の利用の推進に関する法律」ができて、公共施設ではできるだけ雨水を貯めて有効活用することが推奨されているので、雨水のストックは今後どんどん増えていくと思います。

 

ちなみに「雨水タンク」とは、雨といを伝わって排水される屋根に降った雨水を集めて貯水するための容器のことを言います。

雨水を貯めておくことで、トイレの水、植物の水やり、洗車や洗濯の水などに利用できます。

 

行政の建物や商業施設に限らず、民家でも雨水タンクは設置できます。

太陽光パネルなどと一緒で、戸建て住宅の方が集合住宅よりも簡単に設置できるようです。

また、東京23区のうち、13区で雨水タンク設置に対する補助金制度が実施されています。

各ビル、各家庭で雨水を集めて再利用するということは、ダムの水を貯めるよりも簡単な渇水対策になるし、水道局の節水にも協力できますね。

 

雨水を貯めるメリットは渇水対策だけではなかった!

今回、雨水タンクが注目されているのは、ダムの貯水量減少で心配される関東の水不足に対する渇水対策に効果的だからです。

しかし、他にも多くのメリットがありました。

 
  • 節水対策
  • 洪水対策
  • 防災対策
 

節水対策に関しては、トイレや水やりなどに雨水を利用することで、水道の水を節約することができます。

雨水タンクを設置する際にはお金がかかりますが、設置してしまえば月々の水道料金の節約にもつながります。

 

洪水対策に関しては、局地的豪雨によって雨水が溢れかえるような状況で、雨水をストックすることで床下浸水などを防ぐことも期待できます。

 

防災対策に関しては、万が一、首都直下型地震や南海トラフ地震などの巨大地震によって断水になった場合でも、緊急時の生活用水として利用できます。

 

今までは水道から水が出て当たり前だと思っていましたが、断水になってようやく水のありがたさに気づくということのないようにしたいものです。

天からの贈り物である雨水を大切に使い、再利用できるものは再利用し、今年の夏を乗り切りましょう!

 

まとめ

2016年の関東の水不足には、節水と共に雨水タンクの活用が効果的。

日本で利用されている雨水はわずか13%。

民家でも雨水タンクの設置ができて、補助金制度のある自治体もある。

雨水タンクの設置は、水不足解消以外にも、水道代の節約や、洪水・防災対策も期待できる。

 

【関連記事】

・今年はカラ梅雨?関東の水不足は大雨では解消しない?

・水がめ貯水率が「過去最低」を記録!2016年の夏は関東で水不足に?

・今日の雨で首都圏の水不足はどこまで解消?

・関東の梅雨明けはいつ頃になりそう?

・東京オリンピック前の東京で起こった最強の危機とは?

・平成6年渇水で起こった給食への影響とは?

 

スポンサーリンク

関連記事

ミスド福袋2017スヌーピーグッズサンプル画像と中身ネタバレ(引換券や紙袋など)の感想

ミスド福袋2017について、店頭に展示されていたスヌーピーグッズや引換券、紙袋などの中身ネタバレ画像

記事を読む

カルディ福袋2017中身ネタバレと予約抽選や購入方法!食品&もへじが値上がり!?

カルディ福袋2017の中身ネタバレ(種類・値段)と購入方法(オンラインショップの予約抽選・店

記事を読む

【バレンタイン2017】手作りで簡単!食パンのティラミスとは?

2月14日のバレンタインデーまでわずか。今回は、手作りなのに手軽で簡単なチョコレートスイーツのレシピ

記事を読む

早明浦ダムの貯水率低下で旧大川村役場が出現!四国が水不足で焦り出す

2016年8月24日に3年ぶりに旧大川村(おおかわむら)役場が四国の水がめ「早明浦ダム」の水面から姿

記事を読む

富士山で2016年山開き!五合目は世界遺産登録で登山客増加中!

今日2016年7月1日(金)富士山の山梨県側の吉田ルートで2016年の山開きが行われました。富士スバ

記事を読む

台風10号(2016年)の最新進路予想は関東直撃で寒冷渦と接近して全国的に大雨!?

発生時からおかしな動きをしていた2016年の台風10号の最新進路予想です。 非常に強い勢力

記事を読む

台風一過の朝焼け後は秋晴れで青空の天気に!関東以西は真夏日

2016年10月6日(木)台風18号が日本列島を横断してから一夜明け、台風一過で朝焼けや青空のお天気

記事を読む

2016年の冬はラニーニャ現象で寒い?暖かい秋の台風はいつまで発生するのか?

「今年の冬はラニーニャ現象により例年よりも寒くなるかも知れない!」 気象庁より発表され

記事を読む

関東は水不足でダム貯水率が低下し中禅寺湖や稲毛海浜公園プールに影響

2016年の梅雨から夏にかけて神奈川県以外の1都5県(東京・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)で水不足が

記事を読む

水不足の梅雨の関東に衝撃!2016年6月25日から渡良瀬川の取水制限20%で影響は?

2016年6月25日(土)午前9時かた渡良瀬川流域で取水制限が10%から20%に引き上げられました。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
テイクアウトや宅配で食中毒の予防や対策は?注意すべきポイントとは?

最近、宅配やテイクアウトを利用する人が増えていますよね?新型コロナの

巣ごもり消費でにんにくグルメ急増?コンビニの手軽な食品が人気?

巣ごもり消費でテイクアウトが人気の今、食品業界ではニンニクグルメがブ

緊急事態宣言の解除!延長の大阪や東京はいつまで?仕事や飲食店に変化が!?

2020年5月14日(木)、緊急事態宣言が39県で解除に!特定警戒都

マスクで熱中症対策できてる?子供のためにもできる熱中症対策とは?

あなたはマスクで熱中症対策できていますか?新型コロナウイルス感染症対

イデアインターナショナルの株主優待でリレントの黒石鹸!使用感や使い道は?

イデアインターナショナル(3140)の株主優待カタログ(2017年)よ

→もっと見る

PAGE TOP ↑