*

水不足の関東では過去にも取水制限50%の東京オリンピック渇水を経験!?

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 季節・イベント

2016年6月24日(金)は、日本列島の広い範囲でまとまった雨のお天気となっていますね。水不足による水がめの渇水が心配される東京など首都圏でも午後から強い雨が降る予報が出ています。ダムの貯水率が上昇し、少しは関東の水不足が解消してくれれば良いのですが…。2016年は梅雨時期にもかかわらず、水不足が深刻な状況になってきた関東地方ですが、過去には1964年に取水制限50%も経験しています。

東京最大のピンチとなった「東京五輪渇水」とは?

 

東京最大のピンチ!1964年に起こった「東京オリンピック渇水」って?

東京オリンピック渇水 小河内ダム
 

今日6月24日は、日本各地で大雨が観測されています。

特に西日本では、またもや豪雨が降っているところもあるようです。

 

水不足が心配な東京など首都圏には天からの恵みの雨となるかもしれませんね。

水がめの貯水率が回復されることが望まれます。

首都圏のダムの最新情報も気になりますよね。

 

関東で水不足対策が叫ばれるようになった現状のなか、

「ひるおび」で過去の東京での渇水が紹介されました。

 

東京が最大のピンチに陥った「東京オリンピック渇水」と呼ばれるものです。

 

東京オリンピック渇水とは、今から52年前の1964年に起きた水不足による渇水のことです。

1964年は、関東で記録的な少雨となっていました。

 

1964年の東京の降水量は「45.9ミリ」で平年の約30%ほどでした。

東京五輪渇水になった当時は、2016年の今年に渇水となっている利根川水系の8つのダムがまだありませんでした。

その時代は、水源の多くを多摩川水系の小河内(おごうち)ダム(東京都奥多摩町)に頼っていました。

 

小河内(おごうち)ダムの貯水率が、満水時の「0.5%」という状況にまで下がってしまったのです。

ひるおびでは、その際のダムの写真が出ていましたが、

ほぼゼロ%なんじゃないかな!?と思えるような状態。

 

その時は、最大給水制限率が「50%」までいきました。

新聞にも「都の水が明日から第4次制限になりますよ」というような内容の見出しも並んだくらいだったようです。

 

取水制限じゃなく、給水制限ですから2016年の現在の状況よりヒドかったと考えられます。

期間も、7月~10月までと長い期間取水制限が続いたようです。

 

しかも、1964年といえば日本で初開催となった「東京五輪」の年です。

 

東京オリンピック渇水 競技場
 

東京オリンピック開幕(10月10日)の9日前になってようやく断水世帯が解消されています。

東京オリンピックに合わせて新幹線や高速道路を作っている最中に、取水制限が行われていたということになりますね。

 

当時の東京は、最大の渇水ピンチを迎えていました。

本当にギリギリの状況だったようですよ。

 

「東京砂漠」という言葉も生まれ、東京オリンピックの開催も危ぶまれたほどでした。

今の時代だったら夏季オリンピックは8月に開催されるので、五輪のど真ん中にあたるところでした。

 

最大の危機を経験していた当時の東京ですが、

神がかり的な天の恵みによって、奇跡的に水不足が解消されたのでした。

 

どうして「東京オリンピック渇水」の水不足は解消されたの?

「東京オリンピック渇水」が解消されたのは、本当に奇跡としか言いようがないような幸運に恵まれたからでした。

 

東京五輪の開幕直前になると、ずーっと大雨に見舞われたそうです。

渇水どころか今度は雨が続いてオリンピックの開催が危ぶまれていたそうです。

 

あれだけ夏に雨が少なくて、渇水だったのにオリンピック開会直前になった一気に降り出すなんて奇跡としか思えませんね。

なんとも不思議な現象です。

 

日本という国は、昔から何度も天が味方になってくれてピンチを救われてきました。

いつも自然が日本を見守ってくれているようです。

 

2016年の関東の水不足水も天が味方になって助けてくれることを信じたいですね。

 

東京五輪渇水になった原因とは?

そもそも東京オリンピック渇水が起こった根本的な原因は、何だったのでしょう!?

 

夏の7月から9月にかけての雨が極端に少なかったことも原因の1つです。

 

もう一つは、東京の人口増加にありました。

1956年には「800万人」だった東京の人口。

 

オリンピック渇水前年の1963年になると「1,000万」に急激に増加しています。

たった7年間で200万も増えています。

 

人口は2,010年の東京の人口が「1,300万人」だったことからも

1956年~1963年にかけて急激に東京の人口が増えたことが分かりますね。

 

現在も東京の人口は増加し続けていますが、短期間で急激に200万にも増えることはありません。

 

オリンピックを控えた1956年~1964年にかけての日本はちょうど高度経済成長期でした。

地方から多くの人が首都圏へ移住してきたのです。

 

それに伴う急激な人口増加で水の需要が増えたことに加え、夏の少雨が重なったために「東京オリンピック渇水」

が起きたのです。

 

人口の東京一極集中は、現在も続いているので東京オリンピック渇水級の水不足が起きないか心配でなりません。

今年の2016年の関東水不足も首都圏の人口増加も多少影響しているみたいです。

 

東京に人が集まってますます魅力的な都市になるのは嬉しいことですが、

人口の一極集中を解消する対策を誰もが真剣に考える時にきているのかもしれませんね。

 

当時の首都圏の生活への影響は?

東京オリンピック渇水が起きた当時の東京都民や首都圏の家庭の生活はどんな感じだったのでしょう?

当時の生活への影響を知っておけば、今年の水不足対策の参考になるかもしれません。

 
  • パン主体の食事への変更。
  • 衛生状態の悪化から食中毒が発生。食器や食品などを洗浄する水を使えなかったのが原因だそうです。
  • 入浴や洗濯の制限。
  • 飲食店の休業が相次ぐ。休業のお知らせを貼るソバ屋さん等。
 

パン食は、我慢できても入浴や洗濯の制限はキビシイものがありますね。

飲食店も夏の稼ぎ時に営業できなくなると痛手ですね。

何より、食中毒の蔓延が一番心配になってきます。

 

今年は、東京五輪ピック渇水のような給水制限50%のピンチまで陥らないことをひたすら願いたいですね。

空からの恵みに感謝し、自然が助けてくれることを待ちましょう。

 

まとめ

水不足が深刻な関東では過去に最も最大のピンチ「東京オリンピック渇水」を経験している。

最高で取水制限50%まで行われ、オリンピックの開催まで危ぶまれた状況だった。

奇跡的な恵みの大雨により日本が救われた。

東京五輪の原因は急激な人口増加と夏の時期の少雨。

当時は、一般家庭だけでなく飲食店など様々なところで影響があった。

 

【関連記事】

・平成6年渇水で人々が経験した苦労とは?

・長かった梅雨なのにダムの貯水率が回復しない!?

 

スポンサーリンク

関連記事

雛人形がこわいなら、キャラクターひな祭りはいかが?

ひな祭りといえば、雛人形ですよね。 私は、子供の頃から、人形がこわいと思っていました。子供用の

記事を読む

猛暑日で岐阜県多治見で39.7℃の2016年最高気温を記録!もはや高熱レベル

今日2016年8月8日(月)も日本列島各地で猛暑日となっています。特に岐阜県多治見市は今年の夏最高気

記事を読む

水不足で首都圏のダム貯水率が全国一低い状況に!今年の夏の関東は大丈夫?

2016年の関東地方での水不足が東京など関東各地へ影響が広がっています。関東北部にある首都圏の水がめ

記事を読む

関東の水不足が回復!?首都圏の水がめがここ数日の大雨で潤った!

2016年も8月に入りましたが、水不足が深刻だった東京など首都圏では8月2日(火)や3日(水)を中心

記事を読む

ケンタッキークリスマス2016のメニューは予約なしで当日買えるかお店で聞いてみた!

2016年のクリスマスイブやクリスマス当日に、ケンタッキーフライドチキンのクリスマスメニューは予約な

記事を読む

奄美大島で115年ぶりに雪を観測!鹿児島空港の景色がまるで雪国に

昨日は、沖縄で初雪が観測されて話題になっていましたが、今日は、またしても雪が降るイメージとか

記事を読む

早明浦ダムの貯水率が現在低下中!四国の水がめ渇水で取水制限のピンチ

2016年の夏は、東京など関東で水不足が心配されていましたが、8月に入り首都圏の水不足は少し回復して

記事を読む

関東に初雪の予想!?2016年11月に東京で降れば54年ぶり!早すぎる真冬の到来

今日、2016年11月23日(水)は「勤労感謝の日」の祝日ですね。休日を過ごしているあなたにお知らせ

記事を読む

ミスドのバレンタイン2017ショコラデニッシュ(チョコ&ホイップ)の感想!どっちがおいしい?

2017年1月6日から始まったミスタードーナツのショコラカーニバルで、バレンタインにピッタリのショコ

記事を読む

ミスド福袋2017スヌーピーグッズサンプル画像と中身ネタバレ(引換券や紙袋など)の感想

ミスド福袋2017について、店頭に展示されていたスヌーピーグッズや引換券、紙袋などの中身ネタバレ画像

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
日御碕灯台は階段だった!子連れで往復する所要時間と展望台からの絶景

日御碕灯台(島根県出雲市)に子連れで登る所要時間や階段の様子を画像付き

かぞえてんぐ最終回は神回!再放送予定とハプニング内容ネタバレ感想!

NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」の水曜日の人気コーナー「

御朱印人気の秘密は御朱印帳?限定のプレミアム御朱印もスゴイ!

今お寺や神社の御朱印が女性たちに大人気!かわいい御朱印を目当てにお寺や

御朱印とは何?お寺や神社の御朱印ブームに女性がハマる理由とは?

突然ですが、あなたは今女性たちの間で、御朱印が大ブームなのを知っていま

パオパオドラえもんとクリスタルドラを画像で紹介!映画特典の色と種類は?

2017年3月4日から公開されている映画ドラえもん「のび太の南極カチコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑