*

水不足の梅雨の関東に衝撃!2016年6月25日から渡良瀬川の取水制限20%で影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 季節・イベント

2016年6月25日(土)午前9時かた渡良瀬川流域で取水制限が10%から20%に引き上げられました。梅雨時期としては29年ぶりです。水不足の解消を願う関東地方では6月24日から25日にかけて梅雨入りして以来の大雨となりました。しかし首都圏の水がめである関東のダム(8つ合わせた)貯水率は、まだ回復しないまま。雨が降ったのに、どうしてダムの水位が回復しないのでしょうか?

今日現在のダムの最新情報を確認せずにはいられません。

首都圏の水不足によって田植えができなくなる?

鬼怒川でも取水制限20%でさらなる衝撃!!

 

渡良瀬川流域って、どこを流れているの?

渡良瀬川は、関東北部を流れている大きな川です。

どれぐらい大きいかというと、

全長は、およそ108キロメートルで、利根川水系の支流の中では3番目の長さを誇ります。

 

川の広さを表す流域面積は、利根川水系の支流中で最大です!

 

栃木県の日光市と群馬県沼田市の境にある皇海山(すかいさん)を水源とし、栃木県と群馬県の県境付近を流れています。

「草木ダム」のある群馬県のみどり市を通り、群馬県桐生市、栃木県足利市から舘林市を流れています。

 

群馬県と栃木県にまたがって流れる大きな川であることがわかります。

こんな大きな川で取水制限が10%から20%に引き上げられる状況になってしまった状況に周辺では心配の声が上がっています。

関東での2016年の水不足がいよいよ本格化してくる現状が迫っているのかもしれません。

 

関東の渡良瀬川で梅雨シーズンとして29年ぶりの取水制限20%突入でどうなる首都圏!?

昨日の2016年6月25日(土)の午前9時から「渡良瀬川流域」で「取水制限が10%」から「20%」への引き上げが開始されました。

梅雨シーズンとしては、29年ぶりのことだそうです。

29年前といえば、1987年なのでかなり前のことですね。

 

すでに渡良瀬川流域では、今月の6月11日(土)から「10%の取水制限」が行われていました。

覚悟はしていたものの、ついに20%にまで引き上げられたか!?とガックリ肩を落としてしまいましたね。

 

2016年の今年は、首都圏で渇水による水不足の大ピンチがすぐそこまで訪れています。

今から「早めの節水」を心がけることがあちこちで呼びかけられているようです。

東京など首都圏では給水制限15%の水不足を経験した過去がある

 

取水制限が10%から20%に引き上げられた原因は?

取水制限が10%から20%にさらに引き上げられた原因は何なのでしょう?

雨が降ったのになんで引き上げられるの?

って思った方も多いのでは?

 

原因は、大きくわけて2つです。

・渡良瀬川流域では、農業シーズン中で農業用水が流され続けていること。

・梅雨入り以来まとまった雨となったが、ダム貯水率が回復するにはあまりに少なすぎた。

 

農業用水は、私たちの食料を作ってもらうために絶対必要なので、

削ることはできませんよね。

 

ちょうど一昨日の6月24日から25日にかけて日本列島各地で大雨に見舞われました。

水不足の解消を願う関東地方でも梅雨シーズンに突入して以来のまとまったしっかりした雨となりました。

利根川水系のダムがある地域の6月25日14時半までの24時間の総雨量も大雨が観測されています。

・みなかみで「29.5ミリ」

・沼田で「26ミリ」

・藤原で「26.5ミリ」

 

これだけの今日の雨が降れば、ダム貯水率が回復するのでは?

と、水がめの水位の上昇を期待してしまいますが、

実際のところ、ごくわずかな上昇しか見られずに終わりました。

 

貯水率は依然「38%」のままという状況でした。

特に、最も大きな矢木沢ダムの次に大きな規模の「下久保ダム」でも貯水率が「42%」になり、平年比の61%になってしまいました。

 

また、草木ダムが貯水率が「46%」で平年と比べると45%の割合に。

 

渡良瀬川上流にある「草木ダム」の貯水率が減っていることも取水制限が引き上げられた要因のようです。

 

久々に大雨が降ったので、期待できそうに思えたのですが、全然少なくて足りなかったんですね。

そうですよね、ダムってめ~ちゃ大きですもんね。

 

もっともっと関東には空から恵みの雨が必要です。

日本列島均一に梅雨の雨が降ってくれることが望ましいですね。

一極集中の大雨が解消されることを願っています。

2016年の今年、関東で水不足になってしまった原因とは?

 

草木ダや首都圏のみずがめの最新情報は?

利根川死刑の8つのダムでは依然として平均貯水率が例年の半分にも満たない状況となっています。

これからの夏のシーズンを前に首都圏での水不足が心配されます。

 

ここで気になる、今日のダム貯水率を紹介しておきます。

取水制限が20%に引き上げられた渡良瀬川上流の草木ダムの貯水率が特に心配です。

※2016年6月26日午後4時現在

・矢木沢ダム    16.7 %

・藤原ダム     55.6 %

・相俣ダム    53.4%

・下久保ダム     41.6%

・渡良瀬貯水池  51.6%

・草木ダム    46.3%

・薗原ダム      33.3%

・奈良俣ダム   48.3%

 

特に気がかりな草木ダムの貯水率は「46.4%」です。

昨日6月25日夜の時点では45%台を推移していたので、若干の改善がみられます。

 

取水制限を20%に引き上げた効果でしょうか?

それと、関東の首都圏の方々の節水の努力も含まれているかもしれませんね。

 

8つのダムすべての合計貯水量は、17,772万トン(6月26日0時の時点)

貯水率は「38%」でここ数日変化がありません。

 

渡良瀬川流域の取水制限20%で影響がある地域はどこ?

渡良瀬川流域での取水制限の影響がある地域はどこなのか?気になりますね。

東京など首都圏の中心部は大丈夫!?と多くの人から疑問が上がっています。

 

今回の渡良瀬川流域での取水制限により、影響があるのは主に渡良瀬川が流れている「群馬県」と「栃木県」です。

その中でも、群馬県と栃木県の11市町に限られた影響です。

 

「群馬県」では

・草木ダムがある「みどり市」

・桐生(キリュウ)市

・太田(オオタ)市

・舘林(タテバヤシ)市

・千代田(チヨダ)町

・大泉町(オオイズミ)町

・邑楽(オウラ)町

・板倉(イタクラ)町

 

「栃木県」では

・佐野市

・足利(アシカガ)市

・栃木市

 

以上、関東北部が中心の影響を受けるエリアとなっています。

 

取水制限20%って、どんな影響があるの?

水不足 渡良瀬川取水制限20%
取水制限20%って、どんな影響があるのか心配ですよね。

今のところ、家庭での水道水や農業用水には大した掲揚はないようです。

 

それでも、これから水不足がさらに名が引けば、上水道と農業用水に少しは影響が出てくるかもしれませんね。

一応、「上水道」と「農業用水」の対応エリアが分けられています。

 

「飲料水」

・桐生市、みどり市、太田市の群馬県の3市です

 

「農業用水」

・群馬県舘林市、千代田町、大泉町町、邑楽町、板倉町となっています。

 

栃木県については、こういった分け方をされているのか調べてみましたが、今のところ分かりませんでした。

 

今はまだ関東北部の渡良瀬川での取水制限20%引き上げとなっていますが、関東の首都圏全域に取水制限が広がれば、大変なことになってしまいそうです。

間違いなく、子供だけでなく、大人も楽しみにしている夏のプールが中止で入れなくなるかもしれません。

 

それよりもまず、渡良瀬川での取水制限がさらに引き上げられて30%にならないか不安で仕方ないですね。

 

来月、7月7日は七夕(たなばた)です。

関東での水不足が一刻も早く解消されることをお星さまに願いたいですね。

もちろん、1日でも早い取水制限の解除も願っています。

6月16日に開始された利根川水系の10%取水制限が東京など首都圏にも影響する!?

 

取水制限が30%に引き上げられる可能性は?

渡良瀬川流域では、6月25日(土)に取水制限が20%に引き上げられましたが、さらに引き上げられる可能性はあるのでしょうか?

渡良瀬川中央土地改良区連合によると、これからの梅雨時期に雨があまり降らなければ、取水制限30%になる可能性があるそうです。

 

目安としては、草木ダムの貯水量が1,500万トンを下回ったら30%に引き上げられる可能性が高いようです。

ちなみに、今日6月26日(日)午後0時現在の貯水量は、2,308万トンです

まだ、もう少し余裕があるといったところですね。

取水制限が30%になってくると、生活用水への影響が出てくることがあるようなので今から心配でなりません。

取水制限が30%に強化されるとこんな影響も…

 

まとめ

2016年の水不足は関東でさらに深刻化している。

渡良瀬川流域での取水制限20%は梅雨シーズンに限ると実に29年ぶりのこと。

取水制限の引き上げとなった原因は、雨の極端な少なさと農業用水の利用量の増加。

渡良瀬川流域の取水制限の影響地域は、群馬と栃木の11市町となっている。

渡良瀬川では、取水制限30%への引き上げも検討されている。

 

【関連記事】

・関東で梅雨明け?ゲリラ豪雨では水不足を解消できない!?

・給水制限15%や30%になると、東京や首都圏での暮らしはどうなるの?

・空梅雨の関東に恵みの雨はいつ降る?

・九州のダム貯水率の最新情報を公開!

・水不足の影響で給食が限定メニューに!?

 

スポンサーリンク

関連記事

2016年の関東はカラ梅雨なの!?32年ぶりに早い梅雨明けの奄美との関係性とは

首都圏の東京など人口が集中する関東地方で、深刻な水不足となっている2016年の梅雨。先週、南国沖縄や

記事を読む

関東でも大雪に!?都心で雪祭りが開催される?

先週末から週明けにかけては沖縄や鹿児島・奄美大島に初雪!!奄美大島の初雪はコチラ とい

記事を読む

台風10号(2016年)の最新進路予想は関東直撃で寒冷渦と接近して全国的に大雨!?

発生時からおかしな動きをしていた2016年の台風10号の最新進路予想です。 非常に強い

記事を読む

プレミアムフライデーのイオンは割引商品満載?ビッグフライデーに潜入!

2017年2月24日(金)全国一斉にスタートしたプレミアムフライデー。イオンやイオンモールでは「ビッ

記事を読む

イオンのひな祭りケーキが種類豊富で大人気!予約方法や締切日は?

イオンのひなまつりケーキは種類が多くておすすめ!定番の苺のショートケーキや苺のタルトなどイチゴ尽くし

記事を読む

お彼岸とはいつからいつ?お供えや意味とは?春と秋の違いも紹介

2017年の春のお彼岸も過ぎましたね。「お墓」や「お寺」へお供えを持って、お参りに出掛けられた方も多

記事を読む

富士山で2016年山開き!五合目は世界遺産登録で登山客増加中!

今日2016年7月1日(金)富士山の山梨県側の吉田ルートで2016年の山開きが行われました。富士スバ

記事を読む

台風1号(2016年)の最新進路予想と7月10日の参院選のお天気は?

2016年7月3日に、観測史上2番目に遅い台風1号が発生しました。気象庁から発表される前に、

記事を読む

東京で初雪を記録!line雪も降る?11月として54年ぶりで話題に!

今日2016年11月24日(木)は、関東で初雪が降りました!関東の初雪は「大雪」となる事態で、大混乱

記事を読む

ケンタッキー福袋2017中身ネタバレ!ケンタお重も一緒に酉年スタート!!

ケンタッキーフライドチキン(KFC)の2017年「ケンタ福袋」の中身ネタバレと販売期間や値段

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
イデアインターナショナルの株主優待でリレントの黒石鹸!使用感や使い道は?

イデアインターナショナル(3140)の株主優待カタログ(2017年)よ

ハニーズパトロールで戦利品!株主優待利用はセールがさらにお得!

ハニーズの株主優待券を利用してセールの時期にゲットした戦利品を紹介して

ブルーノグリルポット鍋の口コミレビュー!インスタ映えがハンパない!

ブルーノ(BRUNO)グリルポットを使った鍋料理のインスタ映えがハンパ

イデアインターナショナルの株主優待はいつ届く?ブルーノのグリルポットおしゃれすぎ!

イデアインターナショナル(3140)の株主優待で2017年にBRUNO

夢展望の株主優待カタログの内容は?株式分割前に買ったけど株価は今後どうなる?

夢展望(3185)の株主優待カタログ(第21期中間)の内容について画像

→もっと見る

PAGE TOP ↑