*

関東水不足が農産物や農家に影響!?取水制限の強化で米不足の心配も

公開日: : 季節・イベント

2016年7月3日(金)に放送されたシューイチで関東の水不足を独占取材。2016年の関東での水不足が農産物や農家へ影響があることが取材により明らかに!現在よりも首都圏の水がめの貯水量が低下し続け、取水制限が強化された場合、米不足になる恐れも!?野菜などの農産物へのも影響が不安視され、野菜が高騰してしまう可能性もあるかもしれません。

 

関東の2016年の水不足が「農産物や農家」に影響するって本当?

シューイチによる2016年関東水不足の独自取材で衝撃の事実が明らかになりました。

なんと、関東での水不足が水が足りなくて「節水」の生活になるだけでなく、

私たちの食生活へも影響が出てきそうなことがわかってきました。

 

埼玉県幸手市(さってし)周辺で農業用水を管理している施設「葛西用水路土地改良区」によると、

これから取水制限によって節水への協力が強化されれば、稲作にも影響が出てくるのだそうです。

 

そもそも、私たち人間と同じで野菜や植物の成長にも水は欠かせない存在ですもんね。

「水」は地球上すべての生物の発育にとって重要で、生きていくためには必要な宝物です。

 

水は、人間だけが独占して良いものではないということを改めて考えさせられます。

水不足になることは、決して悪いことばかりではない気がします。

 

今年の関東での水不足によって、「水のありがたみ」というものを日々実感できるようになりました。

 

利根川の水を農家は、どうやって農業用水として利用しているの?

シューイチが取材で訪れた埼玉県の琵琶溜井分水(びわためいぶんすい)は、上流側から利根川の水が流れてくるようになっています。

ここには川の水を堰(せき)とめて、本線側に水を送ると3つの水路があります。

琵琶溜井分水は、3つの水路へ必要な量の水を分ける施設としての役割があるのだそうです。

 

シューイチの取材時は、水を必要としていない状況だったため、2つの水門が閉じられていました。

 

用水路へと流された水は、一旦ため池に貯水されます。

ため池からポンプを使って各農家へ水が配られるシステムになっています。

 

各農家は、自分たちの農地にある「給水栓」をまわして、水を田んぼや畑に行き渡らせます。

 

農家の方が、川からの水を自分の所の農地域で利用するまでには色んな場所を経由してきていることがわかりました。

 

シューイチを観たおかげで、農家の方が農業用水を利用するまでのシステムがよくわかりました。

自分が農家じゃないと知らなかったことなので、仕組みを知れて良かったです。

 

農業に携わる方の立場になって「水不足対策」を考えることもできるようになったかもしれません。

 

利根川水系の10%取水制限が今後強化されると,どうなってしまうの?

水不足2016-1
現在、利根川水系では10%取水制限が行われています。

東京や埼玉など首都圏への影響が一番大きいのが利根川水系の取水制限です。

と、いうのも首都圏の水源は8割が「利根川水系と荒川水系」、2割が「多摩川水系」から利用しています。

 

2016年の7月も6月に続いて、関東で雨が少ないことが予想されます。

また、梅雨明けもすでにしているのでは!?とも言われていて、例年より早い梅雨明けになりそうな予感です。

 

このまま関東で大渇水になり、取水制限が10%からさらに強化されることも考えられます。

取水制限が強化された場合、農業用水の使用にも影響が出始めます。

 

私たちの食糧となる農産物や農家への影響は、どうようになるのでしょうか?

 

取水制限が強化されると、さらなる「節水」と「番水」が強化されるということです。

地区によってはそれ以外の対策も検討され始めるかもしれません。

 

農業用水の「番水」ってどういうこと?

番水って、聞き慣れないことばですよね。

農業に詳しくない私もシューイチを観ていて初めて知りました。

 

「番水」とは、農業用水を毎日ではなく、1日おきの間隔で順番に供給することだそうです。

番水になると、最初の日に水を入れます。

2日目は、水が供給されないような状態になるという感じで、1日おきで水が供給されるようです。

 

これで少しでも水の減りを和らげることができるのだそうですよ。

 

2016年は水不足による米不足も心配!?

7月中旬以降から8月いっぱいにかけて、埼玉県幸手市(さってし)周辺では稲の穂が出る時期に入るそうです。

その時期になって取水制限が強化されてしまうと、稲の生育や収穫量に影響が出てしまいます。

 

このまま渇水の状況が続いて水不足が解消されなかったら、2016年はコメ不足になるかもしれませんね。

そういえば、コシヒカリが有名な米処の新潟でも「水不足」で田植えができない状態のようです。

2016年の今年は、お米が不足する事態になりそうな要素が山ほどあって不安になってしまいます。

 

お米だけでなく、野菜の収穫にも影響が出そうな状況も予想されますね。

野菜の高騰により、家計が打撃を受けることになるかも!?

 

まとめ

2016年の関東での水不足が農産物や農家にまで影響しそうな気配。

取水制限のさらなる強化で「節水」+「番水」が水不足対策として開始される。

2016年は水不足だけじゃなく、農産物の不作や米不足も心配され、私たちの食糧がピンチに!?

 

スポンサーリンク

関連記事

関東の水不足が回復!?首都圏の水がめがここ数日の大雨で潤った!

2016年も8月に入りましたが、水不足が深刻だった東京など首都圏では8月2日(火)や3日(水)を中心

記事を読む

美瑛ブルーをテレビで紹介!北海道でも冬しか見れない超激レア絶景とは?

2016年2月12日に放送された「沸騰ワード10」で公開された温泉からも眺めれる「美瑛ブルー」の青い

記事を読む

ミスド福袋2017中身ネタバレ(スヌーピー)画像と発売日!108円で買えないドーナツがお得に買える!?

  ミスタードーナツの福袋2017の中身ネタバレ画像(キャラクターグッズはスヌーピー

記事を読む

お彼岸とはいつからいつ?お供えや意味とは?春と秋の違いも紹介

2017年の春のお彼岸も過ぎましたね。「お墓」や「お寺」へお供えを持って、お参りに出掛けられた方も多

記事を読む

イオンの極恵方巻を予約なしで買えた!匠の味を食べた家族の感想は?

今日2月3日は節分ですね。スーパーへ出かけると節分恵方巻き・福豆・いわしなどの節分関連商品で溢れかえ

記事を読む

矢木沢ダムが渇水!現在の貯水率や場所をシューイチが独占取材で驚愕の状況が明らかに

2016年関東では深刻な水不足が心配されていますが、首都圏の水がめである矢木沢ダムの貯水率は

記事を読む

水不足の関東で東京都水道局が水への影響や節水目標をシューイチで公開!

2016年は水不足が心配される関東地方ですが、関東8ダムと言われる利根川水系の8つのダムの貯水率は平

記事を読む

猛暑日で岐阜県多治見で39.7℃の2016年最高気温を記録!もはや高熱レベル

今日2016年8月8日(月)も日本列島各地で猛暑日となっています。特に岐阜県多治見市は今年の夏最高気

記事を読む

2016年関東の水不足対策には「雨水タンク」が効果的!節水+雨の再利用という考え方

水不足を解消すべく、6月16日から「都民1人あたり1日10リットルの自主節水」が、東京水道局

記事を読む

台風一過の朝焼け後は秋晴れで青空の天気に!関東以西は真夏日

2016年10月6日(木)台風18号が日本列島を横断してから一夜明け、台風一過で朝焼けや青空のお天気

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
水不足が2017年も関東で深刻化?東京や埼玉の荒川水系で23年ぶりの取水制限!

昨年2016年には関東で深刻な水不足となりました。今年の2017年も関

シスコーンズ「毎朝サクサク体操」を歌う正体はエビカニクスのケロポンズ?

あなたは今子供たちに大人気の動画「毎朝サクサク体操」をご存知ですか?シ

ケンミンショーで熊本美人に騒然!?誰もが移住したくなる熊本美人の特徴とは?

2017年5月25日(木)放送の秘密のケンミンショーの熊本美人のレベル

横浜美人がケンミンショーで遂に登場!出川の街は美人天国?

2017年5月18日(木)放送のケンミンショーで横浜美人が多数登場!こ

関東梅雨入りも降水ゼロ?関東の水不足の現在や最新貯水率は?

2017年は6月7日頃に梅雨入りした関東地方。梅雨入り後は雨が続く?と

→もっと見る

PAGE TOP ↑