*

水不足の関東で梅雨明けと同時に鬼怒川の取水制限20%強化を開始

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 季節・イベント

2016年の関東甲信地方は、7月28日頃に梅雨明けしたと発表されましたね。平年よりも7日遅い梅雨明けでした。首都圏では、梅雨明けした瞬間に鬼怒川(きぬがわ)で取水制限が20%に引き上げられ、関東の水不足が解消されない現実に悩まされています。ダムの貯水率もダムの周辺で雨が少なかった為にあまり回復していません。梅雨が長かったのに、雨が少なくて水不足という不思議な状態のまま夏本番を迎えてしまいました。

 

今年の梅雨は長かった?関東地方で平年より遅い梅雨明け!

雨が降らない雲
7月28日に関東甲信地方でもようやく梅雨明け宣言が出されましたね。

西日本の全域や北陸でもすでに梅雨明けしていたので、関東地方ではいつ梅雨明けするのか待ちわびていた頃にちょうど梅雨明けとなりました。

 

今年の梅雨明けは、平年に比べて7日遅い梅雨明けでした。

昨年と比べると18日も遅い梅雨明けです。

 

昨年の梅雨明けは、例年よりも極端に早い7月10日頃の梅雨明けだったので、今年の梅雨明けが余計に遅く感じられたのではないでしょうか。

平年の梅雨明けは、7月21日頃だそうです。

 

そして、関東の今年の梅雨はとにかく長かったですね。

梅雨入りは6月5日ごろで、梅雨明けは7月28日ごろ。

なんと53日間もあったんですよ。

 

平年よりも梅雨が長かったので、水不足が解消されたら良かったのですが…。

そうウマくはいきませんでした。

 

梅雨の期間は長かったのにもかかわらず、ダムがある地域でまとまって雨が降らないという状況が続いていたのです。

期待されたほど雨が降らず、水不足のまま梅雨明けして夏本番へ突入してしまいました。

 

東京など首都圏では、日常生活への影響が心配になってきますね。

 

鬼怒川水系の取水制限の20%強化は19年ぶり!水不足が関東に迫る!

梅雨明け宣言が発表された瞬間に関東地方では、鬼怒川水系で取水制限が20%に強化されることになりました。

7月28日午前9時から鬼怒川水系では取水制限が10%から20%にすでに引き上げられています。

 

鬼怒川水系での20%取水制限への引き上げは、1997年以来で実に19年ぶりとのことで驚きが各地に広がっています。

 

長~い梅雨が明けたと思ったら、今度は水不足による取水制限が関東に迫り、今年は悩みが絶えません。

 

取水制限が強化されるようになった原因や理由は、いくつかあります。
  • 鬼怒川水系上流の7月の降水量が平年よりも少なかった
  • 鬼怒川上流4ダムの貯水率が平年に比べて少ない(平年比で57%)
  • 今後8月の夏以降に雨が期待できず、貯水率がさらに低下する可能性
 

以上のような理由から鬼怒川水系での取水制限が引き上げられることになりました。

ちなみに鬼怒川水系の上流にある4つのダムは、川俣(かわまた)ダム、川治(かわじ)ダム、湯西川(ゆにしがわ)ダム、五十里(いそり)ダムです。

 

一方、渡良瀬川(わたらせがわ)では6月25日の午前9時から20%へ引き上げられていた取水制限が10%に緩和されています。

これは、渡良瀬川上流の草木ダムの貯水率が回復したためだそうです。※8月1日14時現在の貯水率「96.5%」

 

なかでも栃木県日光市にある川治(かわじ)ダムは、水位が下がりすぎて地肌が見えてしまっている状態に…。

例年よりも水位が10メートルくらい下がっているのだそうです。

 

川治ダムでは、ダムの貯水量も例年の半部以下というから深刻です。

20%取水制限に強化された7月28日の川治ダムの貯水率は「43%」でした。

水位は過去最低を更新し続けているようです。

 

関東の梅雨が長かったおかげで、貯水量が回復に向かったダムもあったようですね。

 

いずれにしても、首都圏の水がめ全体の8つのダムの合計貯水率は、平年よりも低いままです。

今日、8月1日午後0時の時点で貯水率は「56%」、貯水量は1,9085万㎥となっています。

 

梅雨明けし、これから夏本番を迎える関東地方では、水不足のピンチがさらに拡大する可能性大です。

節水をいつも心にとめて、水の確保が必要です。

 

今日は、梅雨明けしたはずの関東で雨が降っていて、夏らしい陽気は影を潜めています。

今日の雨がダムのある関東北部に降ることによって少しでもダムの水が回復してほしいという祈りの声がネット上のツイッターなどでも上がっていますね。

 

鬼怒川水系で影響がある地域ってどこ?

鬼怒川水系の取水制限で影響があると言われている地域は、「茨城県」と「栃木県」が中心です。

農業用水では10市町が対象となっているようです。

 

対象になっていない他の首都圏地域も安心していられません。

首都圏のほとんどんの地域に影響がある利根川水系で

10%の取水制限が継続中です。

 

東京など都市部でも今年の夏は、水不足が日常生活を直撃するかもしれません。

身近な水不足の対策は、やはり「節水です」

 

ひとりひとりが節水を実践すれば、一人の効果は少なくても、みんなが協力すればその効果は絶大のハズです。

 

まとめ

ようやく梅雨明けした関東地方では、今年は長い梅雨で53日間もあった。

長かった梅雨にもかかわらず、ダムの貯水率は回復していないという不思議な現象が起きている。

梅雨明け宣言と同時に鬼怒川の取水制限が20%に強化され、水不足が関東が震撼。

鬼怒川水系の取水制限の対象地域は限定的だが、水不足は首都圏全体で夏休みの課題となりそう。

ひとりひとりの節水が、大きな節水につながる!

 

スポンサーリンク

関連記事

WBC2017のメンバー18人を発表!青木宣親も出場決定でメジャー組も参戦か

2016年12月20日(火)、来年3月に開催される第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)の出

記事を読む

スタバ福袋2017中身ネタバレ予想と予約や個数制限は?ステンレスタンブラーは大当たり!?

スタバ(スターバックス)福袋2017の中身ネタバレ予想と予約や個数制限についてまとめました。

記事を読む

ゴディバのチョコレートがバレンタインに人気?ブランド価格に驚き!

明日はバレンタインデー!一年でたった一度の大切な日。大切なあの人へチョコレートを贈る絶好の機会です。

記事を読む

関東で2016年の水不足がなぜ解消されない?東京五輪渇水の教訓は生かされないのか

2016年の東京など首都圏での水不足は依然深刻な状況です。関東のダム貯水率の最新情報でも利根川水系8

記事を読む

関東水不足が解消!関東ダムの貯水率回復と取水制限すべて解除は台風効果

今年は台風の上陸が多く、8月は4個も上陸!台風ラッシュの中、トリプル台風の影響を受けた関東では水不足

記事を読む

リンガーハット福袋2017中身ネタバレ!国産野菜と長崎ちゃんぽん味の・・・!?

長崎ちゃんぽんリンガーハットの2017年の福袋の中身ネタバレについてまとめました。 毎年、食事

記事を読む

公立幼稚園の入園式での母親の服装や靴や鞄や髪型などのコーデまとめと感想

2016年4月某日、我が家の3歳になる娘が地方都市の公立幼稚園に入園しました。 初めて

記事を読む

福男で有名な西宮神社の十日えびすで厄払い!アクセスや時間も紹介

2017年1月9日(月・祝)は、新成人の門出を祝う成人式です。ちょうど同じ時期に、全国的にも有名な関

記事を読む

【バレンタイン2017】手作りで簡単!食パンのティラミスとは?

2月14日のバレンタインデーまでわずか。今回は、手作りなのに手軽で簡単なチョコレートスイーツのレシピ

記事を読む

ゲリラ雷雨で関東は7月4日に豪雨と落雷で大混乱!なぜ大荒れの天気になったのか?

2016年7月4日(月)の夕方ごろ関東地方では青空から一変して大荒れの天気となりました。突然のゲリラ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
テイクアウトや宅配で食中毒の予防や対策は?注意すべきポイントとは?

最近、宅配やテイクアウトを利用する人が増えていますよね?新型コロナの

巣ごもり消費でにんにくグルメ急増?コンビニの手軽な食品が人気?

巣ごもり消費でテイクアウトが人気の今、食品業界ではニンニクグルメがブ

緊急事態宣言の解除!延長の大阪や東京はいつまで?仕事や飲食店に変化が!?

2020年5月14日(木)、緊急事態宣言が39県で解除に!特定警戒都

マスクで熱中症対策できてる?子供のためにもできる熱中症対策とは?

あなたはマスクで熱中症対策できていますか?新型コロナウイルス感染症対

イデアインターナショナルの株主優待でリレントの黒石鹸!使用感や使い道は?

イデアインターナショナル(3140)の株主優待カタログ(2017年)よ

→もっと見る

PAGE TOP ↑