*

リオオリンピック開会式の様子と感想!ブラジル人のガンビアッハなオープニングショーに感動!

公開日: : 最終更新日:2016/08/29 エンタメ

リオ五輪一輪の花
現地時間で2016年8月5日(金)の20:00、日本時間で8月6日(土)の8:00に、リオオリンピックが開幕し、開会式がスタートしました。

NHKの生中継で見たリアルタイムの様子と感想(開会式が開幕する直前のカウントダウンから選手入場前まで)をまとめました。

フェルナンド・メイレレス氏のすばらしい演出とブラジル人の心意気「ガンビアッハ」に感動がとまりません!!

 

リオ五輪開幕!カウントダウンからブラジル国旗掲揚まで

ついにリオオリンピックの開会式が始まりました。

開会式のマラカナンスタジアムの熱気は、地球の裏側の日本までしっかり伝わってきました!!

 

カウントダウンから会場中央に出現した「木の幹モチーフのシンボル」まで

開幕まで10秒を切りカウントダウンを始めた会場は、幻想的な青いライトで照らし出されました。

開幕時間の20時(日本時間では8月6日の朝8時)になると、会場に設置されたモニターには波打つビーチで泳ぎ出す人や、街やビーチでサッカー、スケートボードなどをするブラジル人とスポーツとの深い関わりの様子が映し出されました。

 

そして会場に運ばれてきた250枚の銀色のシートで打ち寄せる波や、幾何学模様を表現されました。

幾何学模様は、先住民インディオの芸術作品や現代建築によく使われているそうです。

 

カウントダウンと共に花火が打ち上げられ、ブラジルを代表する漫画家がデザインした木の幹をモチーフとしたシンボルが会場の中央に浮き出ました。

この時は、このマークがどういう意味を持つのかわかりませんでしたが、今回の開会式の重要なポイントだったんですね・・・。

 

ブラジル国歌斉唱と国旗掲揚

その後会場全体が起立して、ブラジル国歌斉唱と国旗掲揚が行われました。

ブラジル音楽を代表するバウリニーニョ・ダ・ビオラさんの歌声とボサノバ音楽の心地よさがすばらしかったです。

南国を思わせる雰囲気の国歌でした。

そして、ブラジルの未来のオリンピック選手を目指す少年少女たちと、ブラジルスポーツ界のスターたちにより国旗が掲げられました。

 

ブラジルの歴史をフェルナンド・メイレレスが演出!

続いて、プロジェクトマッピングによってフィールドにしかれた白い幕に波が映し出されます。

ここから、開会式のテーマである「ブラジルの歴史」が、ブラジルを代表する世界的映画監督のフェルナンド・メイレレス氏によって演出されました。

 

ブラジルの太古の時代や原始的生物をSFちっくに演出!

マッピングによる映像で、生命誕生や細胞分裂が表現され、ブラジルの原始的な生き物を表した虫のような生命体が登場しました。

とても美しく不思議な雰囲気が、どことなく宇宙的なというかSFちっくに感じられました。

 

太古の時代から人類の時代へ

色味が白から緑へと変わり、緑のライトで世界最大の熱帯雨林アマゾン、黄色いライトで蝶が表現され、森と共に暮らす先住民が現れました。

太古の世界から人類の世界へと切り替わっていきました。

 

ブラジルでは現在も90万人のインディオが暮らしているそうです。

インディオ扮する人々がゴム紐を操り、インディオが工芸品に用いる伝統的な格子状の模様を描いたり、OCAと呼ばれる円錐状のインディオの家を描きます。

ゴム紐がライトに照らされた様は、とても幻想的で美しく思わず見とれてしまいました。

 

大航海時代とリオデジャネイロの意味

続いて、大航海時代の様子が描かれました。

西暦1502年1月に初めてブラジル・リオの地にたどり着いたポルトガル人が、湾を川と勘違いして、この地を「リオデジャネイロ」と名付けたそうです。

リオデジャネイロの意味は、ポルトガル語で「1月の川」という意味だそうです。

 

そして、ポルトガル人とインディオの出会いのシーン。

労働力としてこの地に連れてこられたアフリカ人。

プロジェクトマッピングで映し出される風景は、森からサトウキビ畑、アマゾンの熱帯雨林が切り開かれ大農場へと変わっていきます。

続いて商人としてやってきたシリアやレバノンなどアラブ系の移民。

 

日系人の姿は平和へのメッセージ!

そして赤い旗を持ち、日の丸を模した白い衣装をまとった日本人。

約100年前に豊かな暮らしを求め海を渡ってきた日系人の様子が描かれました。

今では、約130万人の日系人がブラジルで暮らしているそうです。

最近、日本国内でもよく工場などで働くブラジル人を見かけますが、海を渡ってブラジルの地に降り立った日系人が結んだ両国の絆を再確認しました。

広島の平和記念式典の時間に合わせて登場した日系移民の姿には、フェルナンド・メイレレス氏による平和へのメッセージが込められていました。

 

ブラジルは様々な人種や民族からなる移民国家だということがよくわかりました。

 

近代国家の様子とブラジルが誇る有名人

ここからは、近代のブラジルのカルチャーや発展の様子が描かれました。

夢と希望を乗せたブラジル人の飛行機発明の父と言われるサントス・ドゥモンと、スーパーモデルのジゼル・ブンチェンによるラストランウェイからは目が離せませんでした。

 

ブラジルの飛行機発明の父サントス・ドゥモン

ブラジルの近代化と大都市の様子がダンサーによるアクロバティックな動きと巨大なビルのセットで表現されました。

「パルクール」という忍者やスパイダーマンを彷彿とさせる動きがかっこよかったです。

 

そして白い箱のようなものが積み上げられていき、その奥から飛行機が現れました。

操縦士はブラジルで飛行機発明の父と呼ばれるサントス・ドゥモン氏でした。

観客席からものすごい歓声があがっていました。

 

飛行機は、ブラジルの名曲「飛行機からのサンバ」に乗せてマラカナンスタジアムの外に飛んでいき、リオデジャネイロの夜景を見ながら飛行する様子が映し出されました。

リオデジャネイロを象徴するコルコバードの丘のキリスト像や、ビルや海岸沿いの夜景はため息がでるほど美しかったです。

この映像を見ると、リオデジャネイロを旅してみたくなりました。

 

世界的スーパーモデル ジゼル・ブンチェン最後のランウェイ

ブラジル発祥のボサノバ音楽でトム・ジョビンが作曲した「イパネマの娘」が会場に流れます。

そして、音楽に合わせて世界的スーパーモデルのジゼル・ブンチェンさんが登場しました。

彼女は、この舞台を最後にモデルを引退すると決めているそうです。

歩いたあとに白い波模様が映し出され、メタリックカラーの衣装をまとう美貌のスーパーモデルの堂々とした姿がとても印象的でした。

 

開会式のリハーサルの時には、ジゼル・ブンチェンさんの舞台にファベーラの少年役のダンサーが登場したそうですが、観客により演出内容が口外されたため、内容が変更になったのかもしれませんね。

一人舞台で大輪の花として咲き誇ったその姿は、世界中で話題になっているに違いありません。

 

ブラジルのポップカルチャーはまさに「ガンビアッハ」

続いて、ビビットな色彩の中でポップカルチャーショーが始まりました。

ほとんどがファベーラから生まれた音楽やファッションやダンスなんだそうです。

「ガンビアッハ」とは何もないところから生み出すという意味だそうですが、ポップカルチャーもまさにガンビアッハですね。

白い衣装に身を包んだダンサーのご機嫌な踊りや音楽に、陽気な気分になります。

観客席もノリノリでした。

 

次はヒップホップをBGMにカポエイラが披露されました。

他の武道とは全く違い、音楽や太鼓、ダンスの要素もあり、私もカポエイラに魅了されて一時期教室に通っていました。

武道とダンスと音楽が合わさって、本当にかっこいいですよね!!

 

一輪の花は未来への希望のメッセージ!

炎を持ったダンサーが登場し、花火が打ちあがり、2つのグループが勢力争いを始めました。さらにグループが細分化し混沌とした姿は、世界の終わらない紛争をイメージしたそうです。

そして一人の女性による「争いをやめて皆で認め合いましょう」という掛け声により、ショーに参加したすべてのダンサーが登場し、踊ります。

とても賑やかなシーンで、観客も立ち上がり歌って踊って盛り上がっていました。

ブラジルでは、いろんな場所から来た人々がお互いを認め合いながら暮らしているんだな、と思いました。

 

大量の花火が打ち上げられる派手な演出が終わると、会場は開幕前のカウントダウン時と同じ青いライトへと戻り、すべてのダンサーが退場しました。

そこへ迷子になった一人の少年が登場し、ブラジルから世界へと未来へのメッセージが発信されました。

 

このままアマゾンの森林を伐採し続けるなどして地球温暖化が進むと、世界がどうなるかが示されました。

そして闇の中で少年が見つけた小さな光は、一輪の花でした。

たった一輪の花がアスファルトを突き抜け、世界を変えるという「環境保全」をテーマにした希望のメッセージでした。

 

開会式で入場する選手が運ぶ、207種類の原生林の種が、競技場内の公園に「アスリートの森」として植えられるそうです。

ここで開会式冒頭で出てきた、有名漫画家が描く「木の幹モチーフ」が再登場。

「あのモチーフはここにつながっていたのか!」と感動しました。

リオ五輪で発信された環境保全への想いが世界中に広がるといいですね!

 

最後に、オリンピック開催が決まった後のブラジルでは、景気が冷え込み、開会式の予算は当初の4分の1にまで削られたそうです。

しかし、フェルナンド・メイレレスさんのすばらしい演出とブラジル人の「ガンビアッハ」という何もないところから生み出す力が折り重なり、すばらしい開会式が行われたことに感動しました!

本当にすてきな開会式でした。

 

【リオオリンピック関連記事】

閉会式の日程と放送時間。東京五輪への引き継ぎ式・日本の芸術パートは見逃せない!

開会式の感想後半(選手入場から最終聖火ランナー、そしてフィナーレへ)

開幕式の日本での放送時間や見どころ、出演するアーティストは?

オリンピックで選手が食べる食事まとめ(選手村食堂、マクドナルド、ハイパフォーマンスサポートセンター)

猫ひろしの開会式や選手村レポートがおもしろい!男子マラソンの競技日程や放送時間は?

柔道金メダル数予想!注目選手は誰だ?

 

まとめ

・マラカナンスタジアムで行われたリオオリンピックの開会式はカウントダウンから熱気が漂っていた。

・開会式はプロジェクトマッピングによる映像とダンサーの動きが折り重なる、とても素晴らしい演出だった。

・ブラジルの歴史をテーマに演出されたショーに、飛行機発明の父や世界的スーパーモデルが登場し、盛り上がった。

・木の幹モチーフのシンボルが示していたのは、環境保全に対する未来へのメッセージだった!?

 

スポンサーリンク

関連記事

2016年春のファミリーコンサート感想!たくみおねえさんやガラピコから目が離せない!!

2016年5月15日(日)にNHK Eテレでおかあさんといっしょファミリーコンサート「しりとりじまで

記事を読む

ケンミンショーでシーサー紹介!置き方も沖縄では決まりがあった!

2016年放送のケンミンショーで沖縄のシーサーが登場!ウチナーンチュの魂が込められた守り神シーサーの

記事を読む

尺八アーティスト辻本好美の海外の反応とwiki風プロフィールまとめ

本日メジャーデビューした尺八アーティストの辻本好美さんが、スッキリの「HARUNAまとめ」に

記事を読む

優香と結婚の旅へ!青木崇高は5大陸を制覇したバックパッカーでNY語学留学もしていた

2016年6月13日に、優香と青木崇高が連名で結婚を発表しました。 結婚相手で優香の夫

記事を読む

田中毅と結婚!にわみきほが名古屋をふるさとりっぷ!なごやメシとイセタンハウス巡り

2016年11月19日のにじいろジーン「ハッピーふるさとりっぷ」で進化した名古屋を紹介。ガレッジセー

記事を読む

EXILEのUSAとお嬢様女優の杉ありさが結婚!半同棲中マンションの家賃が驚き!

昨年の2016年6月にEXILE(エグザイル)のパフォーマーを引退宣言していたUSA(39歳

記事を読む

鼻のおじさんことかぞえてんぐがチョロミーに赤いバラの花をプレゼント!

2016年4月13日のNHK Eテレ「おかあさんといっしょ」は、ミーニャからチョロミーへと変

記事を読む

ケンミンショーで栃木美人紹介!北関東一の美人県の秘密が明らかに

2016年11月10日放送の秘密のケンミンショーで美人企画を放送!北関東一の美人処として有名な栃木美

記事を読む

リオパラリンピック閉会式感想と日本のパフォーマンス時に流れた歌やパフォーマーまとめ

2016年9月19日(日本時間)に、リオデジャネイロパラリンピック閉会式のフラッグハンドオー

記事を読む

バイキングの早ウマランチ!六本木のミシュラン店のピザとは?

2016年2月15日のバイキングで、たった3分で出てくる!早くてうまい店を特集していました。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
3197すかいらーくグループのガストの株主優待とアプリクーポンでプチ贅沢!?

3197すかいらーくグループのガストの店舗で「株主優待券」と「アプリの

ケンタッキークリスマス2017のメニューを予約して当日は心温まるクリスマスを!

ケンタッキークリスマス2017のメニューを予約する前に知って得する情報

キャラデコクリスマスケーキ2016魔法使いプリキュアを食べた感想とおもちゃや子供の反応は?

キャラデコクリスマスケーキ2016の魔法使いプリキュアバージョンを食べ

3197すかいらーくの株主優待券が使える店「とんから亭」は想像絶する満腹感!?

3197すかいらーくグループの新業態「とんから亭」で株主優待券を利用し

キャラデコクリスマスケーキ2017が3280円!プリキュアアラモードと仮面ライダービルドならコスモスがお得!

キャラデコクリスマスケーキ2017「キラキラ☆プリキュアアラモード」ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑