*

台風10号の最新情報や進路予想!2016年8月30日関東接近で史上初の東北上陸か

公開日: : 季節・イベント

ライオンロックと名付けられた大型で強い勢力の台風10号の位置は、今日2016年8月29日(月)21時50分の時点で八丈島の東で、25kmの速さで北東に移動中です。中心気圧は960hpa、中心付近の最大風速が40mという強い勢力を保ったまま関東や東北など東日本から北日本に接近中。台風が日本列島の中で最初に上陸するのが東北地方の太平洋側となれば、1951年に気象庁が台風の観測を開始して以来「史上初」となるため注目が集まっています。

また、今日は岡山や徳島、近畿など西日本に大雨を降らした「線上降水帯」と呼ばれる帯状の雨雲。この線上降水帯、が明日には東海から関東に移動してくる予報。東京など関東では台風10号と線上降水帯のダブルパンチで大雨被害や交通機関の乱れが心配されています。

 

台風10号(2016)の最新情報や進路予想は?発生場所に再び戻る!?

大型で強い台風の台風10号(ライオンロック)は、

8月29日21時50分現在「八丈島」の東にあります。

 

台風10号の発生日時と場所は、

8月19日の夜9辞に関東の南東沖の場所で発生し、

実に9日間も迷走を続けてきました。

 

今まで観測史上1位の記録だった1970年の台風12号「クラサ」の9日と6時間の記録を抜いて、

46年ぶりに記録更新。

 

日本一の「長寿台風」となりました。

 

台風11号の影響ではじかれて、

東から西へ逆走を続けます。

 

今度は、

西日本に張り出していたチベット高気圧にはじかれて、

南の海上へ南下しました。

 

その間、チベット高気圧に覆われた西日本では雨不足で猛暑が続きました。

 

8月26日(金)になって、

南大東島の南海上まで行ったところで

Uターンして戻ってきました。

 

現在は、元の発生位置あたりに戻ってきた感じです。

 

なんともお騒がせというか、記憶に残る台風です。

 

台風は自分では動けなくて、

風に身を任せているだけらしいので、

台風の本意かどうか分かりませんが…とにかく迷走しまくりです。

 

「長寿台風」ともなった台風10号は、

ライオンロックという名前がまさにピッタリ。

 

ライオンのように気まぐれで、

どんな動きをするのか誰にも分かりません。

 

また、台風19号は、

Uターンして戻ってきたので、

「Uターン台風」や「ブーメラン台風」とも呼ばれているそうです。

 

そして、今日になって「非常に強い台風」から

「強い台風」に勢力のランクが1つ下がりました。

 

しかし、依然として強い勢力を維持したまま日本列島に接近中です。

 

8月29日夜9時現在、

約25キロメートルの速さで北東に向かっています。

風速は、最大で40メートル、中心気圧は960ヘクトパスカルです。

 

明日30日の朝には、

関東に最も接近する予想です。

 

明日の午前6時ごろには、

千葉県銚子市に最も近づくだろうと予想されています。

 

そして明日の夕方には、東北地方に上陸する恐れが出てきました。

 

今のところ関東地方へ上陸する心配はないですが、

とにかく大型の台風なので関東地方でも大雨や暴風の影響が出そうです。

 

大雨と猛烈な風に気をつけないといけません。

 

台風の進路の予想円からはずれていても、

台風はどんな動きををするか予想困難です。

 

急に上陸することも考えられます。

台風が近づいてくる地域の方は、

早めの台風対策が必要になってきますね。

 

台風10号が明日8月30日夕方に東北上陸で史上初となるか!?

台風10号(2016)東北上陸へ
台風10号は、

明日30日の15時から夕方頃にかけて、

東北の太平洋側へ上陸する恐れが強くなってきました。

 

台風10号が日本列島のなかで最初に上陸するのが、

東北の太平洋側となれば史上初のこととなるそうです。

 

1951年に気象庁が台風の統計を開始して以降、

初めてのことなので凄いことですね。

 

台風への備えに慣れていない東北で初上陸することで心配になってしまいます。

 

できるだけ必要のない無駄な外出は控えるなど、

台風への防災対策を万全にしておきたいですね。

 

2016年8月はすでに台風が3つも上陸!台風10号が上陸すれば4つ目

日本国民がリオオリンピックに夢中になっている間に、

今月はすでに3つも日本列島に台風が上陸しています。

 

台風10号が上陸すれば、

4つ目の上陸となりそうです。

 

ひと月に4つも台風が上陸するのは、

54年ぶりとなります。

 

気象庁が台風の観測を始めた1951年以降でひと月に台風が4つも上陸したのは、

1954年9月と1962年8月の2回のみ。

 

すごく珍しいことだそうです。

 

今年の台風10号は突然Uターンして、

史上初となる東北へ上陸する恐れがあったり、

ひと月で4つ目の上陸台風となる可能性もあって話題尽くしの台風です。

 

どうやら台風10号は記録と記憶に残る台風になりそうですね。

 

台風の強さや大きさとは?

「非常に強い台風」とか「猛烈な台風」といったような表現で

よく天気予報で表現される台風の「強さ」ですが、

どんな基準で区別されているのでしょうか!?

 

詳しくまとめてみました。

台風の強さ(中心付近の最大風速)
  • 33メートル未満         「表現されない」
  • 33メートル以上から44メートル未満 「強い台風」
  • 44メートル以上から54メートル未満 「非常に強い台風」
  • 54メートル以上          「猛烈な台風」
 

今まで台風の強さを聞いてもピンとこなかった人も

これを見れば良くわかりますね。

 

今回の台風10号は、

「非常に強い台風」から「強い台風」に勢力が衰えたので、

風速44m未満で風の威力が少し弱まったことが分かります。

 

台風の強さについては、

わかりましたが、

台風の大きさとは?

 

今年の台風10号は、

「大型」と呼ばれていますが台風の「大きさ」は

どのように区分されているのでしょうか!?

 

台風の大きさ(風速15メートル以上の強風域の半径)
  • 500キロメートル未満         「表現されない」
  • 500キロメートルから800キロメートル 「大型」
  • 800キロメートル以上         「超大型」
 

キロで表現すると分かりづらいかもしれませんが、

「大型」の台風の場合だと、

近畿から東北にかけてすっぽり強風域の丸の中に入る感じです。

 

「超大型」になると、

九州から北海道のあたりまで強風域の丸の中に収まります。

 

本州がすっぽり入ってしまう状態です。

 

台風の「強さ」や「大きさ」についての知識をもっておくと、

これから台風情報を見た時に役立つかもしれませんね。

 

ちなみに、

予報円(台風の中心が到達するとされる範囲)の丸の中に入る確率は、

「70%」だそうです。

 

非常に高い確率ですね。

 

でも残りの3割は、

予報円から外れる可能性もあり得るので

予報円に入ってなくても警戒が必要です。

 

東京など関東は「線上降水帯」と「台風10号」直撃で大雨と交通機関の大ピンチ!?

きょうは、西日本の中国地方や四国、近畿で大雨となりました。

岡山では道路が冠水するほどの大雨が降り、

徳島でも観測史上記録に残る大雨に。

 

近畿では、

停電により交通機関がマヒするなど大雨の影響がでました。

 

この大雨を降らせたのが「線上降水帯」と呼ばれる帯上の雨雲です。

日本海に「寒冷渦」の低気圧があることや台風10号からの湿った空気の影響で発生。

 

気象レーダーで見てみると、

ハッキリと幅広い帯状になっていることがわかります。

 

帯状の範囲が南北に連なっていて、

見ていて恐いくらいです。

 

明日にかけては、

東海から関東地方へ移動してくる予報です。

 

関東地方では、「台風10号」の接近と「線上降水帯」のダブルパンチの影響を受けそうです。

 

東京都内や関東各地の交通機関では、

早くも影響が出始めています。

 

「東京ウォータータクシー」の水上タクシーは

欠航が決まっています。

 

千葉県の金谷と神奈川県の久里浜を結ぶ「東京湾フェリー」も12便が欠航予定。

 

茨城県の大洗と北海道の苫小牧を結ぶフェリー「さんふらわぁ号」も

今日29日から9月1日まで10便が欠航予定となっています。

 

空の便も全日空が30便、日本航空が20便、エアドゥが6便の欠航が決まっています。

 

明日になると、

羽田を発着する便を中心に更に欠航が増えそうです。

最新の情報は航空会社のホームページでチェックできるそうです。

 

明日にかけては、

東京など首都圏では、

高速道路などでも台風の影響が出そうですね。

 

明日は、関東地方各地で交通機関の乱れが予想されます。

できるだけ被害や影響が少ないことを祈りたいですね。

 

それと、台風の備えをしっかりしておきましょう。

 

 まとめ

2016年の台風10号(ライオンロック)は、南海上でUターンし、発生場所に再び戻ってきた。

今年の台風10号はライオンロックという名前がふさわしいが、ブーメラン台風とも呼ばれている。

台風10号は、日本一の「長寿台風」となった!

最新情報と予想進路は、明日8月30日に関東に最接近した後、東北へ上陸の可能性高まる。

東北の太平洋側に上陸すれば、史上初のことになる!

今月はリオ五輪に熱狂している間に3つも台風が上陸!4つ目となれば、1962年以来のこと。

台風の「強さ」と「大きさ」の違いが分かれば、天気予報がよくわかるようになる。

台風が予報円を通過する確率は7割。

今日は、西日本で線上降水帯の影響で大雨により交通機関も大混乱。

東京など関東では明日にかけて「線上降水帯」と「台風」の影響で交通機関が大混乱のピンチ。

 

スポンサーリンク

関連記事

めざましのイマドキで発掘!鉱山や蛇口から出るバレンタイン限定チョコメニューとは!?

2016年2月12日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」のイマドキのコーナーでX21のメンバー山崎 

記事を読む

ミスド(ミスタードーナツ)福袋2017の予約開始日や販売日と店舗予約の方法

先日、2017年のミスド福袋をミスタードーナツの店舗にて予約してきました。 販売日やス

記事を読む

関東の水不足解消前に梅雨明け?ダム貯水率はゲリラ豪雨で回復せず?

2016年も7月に入りダム貯水率が38%から51%へと上昇しましたが、関東の深刻な水不足は解消されて

記事を読む

大雪が関東で降る予想!?2016年11月24日は初雪で大混乱か

祝日明けの2016年11月24日(木)は、関東甲信地方で初雪の予想。「北欧のスウェーデン」や昨日「北

記事を読む

【恵方巻き2017年】イオンの極恵方巻はミシュラン三つ星店の究極の味でおすすめ

2017年の2月3日節分までもうすぐですね。節分といえば、一年の無病息災や厄除けを祈って丸かぶりする

記事を読む

水不足の関東で梅雨明けと同時に鬼怒川の取水制限20%強化を開始

2016年の関東甲信地方は、7月28日頃に梅雨明けしたと発表されましたね。平年よりも7日遅い梅雨明け

記事を読む

早明浦ダム貯水率の現在のリアルタイム状況!雨の天気と台風16号で回復?

2016年も四国の水がめ「早明浦ダム」の貯水率が下がり、水不足が深刻でした。第2次取水制限も行わ

記事を読む

関東の水不足が回復!?首都圏の水がめがここ数日の大雨で潤った!

2016年も8月に入りましたが、水不足が深刻だった東京など首都圏では8月2日(火)や3日(水)を中心

記事を読む

水不足で首都圏のダム貯水率が全国一低い状況に!今年の夏の関東は大丈夫?

2016年の関東地方での水不足が東京など関東各地へ影響が広がっています。関東北部にある首都圏の水がめ

記事を読む

水不足の梅雨の関東に衝撃!2016年6月25日から渡良瀬川の取水制限20%で影響は?

2016年6月25日(土)午前9時かた渡良瀬川流域で取水制限が10%から20%に引き上げられました。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
テイクアウトや宅配で食中毒の予防や対策は?注意すべきポイントとは?

最近、宅配やテイクアウトを利用する人が増えていますよね?新型コロナの

巣ごもり消費でにんにくグルメ急増?コンビニの手軽な食品が人気?

巣ごもり消費でテイクアウトが人気の今、食品業界ではニンニクグルメがブ

緊急事態宣言の解除!延長の大阪や東京はいつまで?仕事や飲食店に変化が!?

2020年5月14日(木)、緊急事態宣言が39県で解除に!特定警戒都

マスクで熱中症対策できてる?子供のためにもできる熱中症対策とは?

あなたはマスクで熱中症対策できていますか?新型コロナウイルス感染症対

イデアインターナショナルの株主優待でリレントの黒石鹸!使用感や使い道は?

イデアインターナショナル(3140)の株主優待カタログ(2017年)よ

→もっと見る

PAGE TOP ↑