*

日照不足の野菜高騰で冷凍野菜が大人気!売れる秘密と調理法とは?

公開日: : 季節・イベント

2016年の9月~10月にかけて北海道など日本各地が、日照不足で太陽光が少ない状態が続いています。食欲の秋シーズンの真っ最中ですが、日照不足により野菜の価格が極端に高騰し、東京など各都市でも影響が出ています。そんな中、大注目を集めている野菜があります。

それは、「冷凍野菜」なんです。特に、10月に入ってからものすごく売り上げがアップしているそうです。

「冷凍野菜」が今売れている秘密とは?冷凍野菜のお手軽簡単な調理法も紹介します。

 

 

日照不足で野菜高騰の今!「冷凍野菜」が大人気!

食食の秋のシーズン到来!!

と言いたいところですが。

 

主婦(主夫)や自炊民にとっては、

大変な状況になってきています。

 

2016年の秋(9月~10月)は、

日照不足によって野菜の価格が極端に高騰中なんです。

 

野菜の一大産地である北海道も日照不足で、

野菜価格の高騰に大きな影響が出ています。

 

東京など首都圏や各都市でも野菜の高騰がとまりません。

 

そんな状況のなか

救世主ともいえる大注目の「野菜」があります。

 

実はその野菜とは、「冷凍野菜」なんです。

 

特に生野菜の価格が高くなっている

「ほうれん草」や「ブロッコリー」などの冷凍野菜が人気です。

 

今まで冷凍野菜は、

敬遠していた人もこぞって

買いだめしているというから驚きです。

 

生鮮野菜が高騰を続ける「今」

冷凍野菜が大人気で売り上げの増加が、

とにかくすごいようです。

 

10月に入ってからは、

顕著に売り上げが伸びているんです!!

 

冷凍野菜の売り上げアップの秘密とは?

日照不足により野菜価格が高騰を続ける中、

冷凍野菜の売り上げが伸びているのには

ちゃんと理由がありました。

 

まず、生野菜が高騰を続ける

「ほうれん草」や「ブロッコリー」の冷凍野菜は定番商品で

大体どこのお店にも売っていることが挙げられます。

 

各食品メーカーが競い合って

良い商品をたくさん販売しているので、

買うのに迷ってしまうぐらいです。

 

2つ目の理由は、

価格が変動しないこと。

 

そうなんです!

生野菜は価格変動によって左右されるけれど、

冷凍物は天候に関係なく、

同じ価格で買えるんです。。

 

冷凍野菜の方が高いと思われがちですが、

通常時の価格でも生野菜よりも何十円か高いだけなんです。

 

そして、3つ目の理由がすごいんです。

どこのスーパーでもよくやっている冷凍野菜の半額セール。

 

半額セールの時に冷凍野菜を買えば、

生野菜よりも格段に安く買えてしまえます。

 

冷凍野菜って、

日照不足で野菜が高騰している今年のような時に

本当に重宝しますね。

 

冷凍野菜のお手軽簡単な調理法とは?

日照不足 冷凍野菜 ブロッコリー
 

野菜の価格高騰で

冷凍野菜が大人気になって

調理法にも注目が集まっています。

 

冷凍野菜を調理する時の

一番のポイントは「凍ったまま使わないこと」

 

凍ったままの状態で食材を入れてしまうと

水分でベチャベチャになってしまうんです。

 

ほうれん草は、

熱湯でサッと「10秒」茹でると

まるで生野菜のようにシャキッとなります。

 

ブロッコリーの場合は、熱湯で「30秒」茹でた後に、

水気をサッと切るのがポイントです。

 

そうすることで生野菜のようなシャキシャキ感が残せて

冷凍野菜とは思えない感じになります。

 

ただし、これからの冬の定番メニュー「シチュー」をつくる場合は別の方法がおいしく仕上がります。

 

シチューに冷凍ブロッコリーを入れる際には、

シチューが出来上がる5分ほど前に入れます。

 

 

あとは、一緒に煮込んで

シチューの味を絡ませるだけです。

 

冷凍野菜でも

生野菜のように食べれる裏ワザ調理法を知ってしまうと

冷凍野菜でも十分ですね。

 

冷凍野菜は、とてもお手軽で簡単だし、

便利な野菜ですね。

 

少しひと工夫加えるだけで

生野菜のようなシャキシャキ感が蘇ります。

 

冷凍野菜は、

長期保存ができるのも魅力ですね。

 

日照不足による野菜の高騰は、いつまで続くの?

冷凍野菜が野菜価格こうとうの救世主になってくれるとはいえ、

やっぱりフレッシュな野菜も食べたいですよね。

 

まず、10月現在の野菜価格について調べてみました。

10月上旬の東京卸売市場における野菜1kgあたりの価格動向は、

こうなっていました。

 

・ほうれん草 1,172円(例年より521円up)

・ブロッコリー 680円(例年より240円up)

・レタス 512円(例年より329円up)

・白菜  169円(例年より30円up)

・人参 260円(例年より138円up)

 

9月にスーパーに買い物に出かけた際に

ニンジンのあまりの高さに驚きましたが、

さらに価格が上昇している模様です。

 

前年よりも野菜全般的に軒並み高い価格となっているようです。

 

レタスは、例年の約3倍も高くなっています。

 

ホウレンソウやブロッコリーの値段は

極端に高いですね。

 

気になる今後の野菜価格の動向は、どうなるのでしょうか?

 

農林水産省によると、

11月中旬ごろまで野菜が高い状態が続くようです。

 

これから鍋シーズンもやってくるので、

早く価格が落ち着いてくれることを

願いたいですね。

 

まとめ

日本の食糧庫の北海道などを中心に日照不足が深刻だったことで、野菜価格の高騰が続いている!

2016年の食欲の秋は、東京など都市部でも野菜高騰の心配をしなければいけない状況に。

日照不足の野菜高騰で「冷凍野菜」が今大人気!!

冷凍野菜は、価格が変動しないことが人気の秘密。

半額セールを利用すると超お得に買えるのも冷凍野菜の魅力。

価格高騰が大きいブロッコリーやほうれん草の商品が、充実しているのも冷凍野菜が人気の秘訣。

冷凍野菜でも調理法を一工夫すると、生野菜のようなフレッシュなシャキシャキ感が味わえる。

野菜価格の高騰は11月中旬ごろまで続く予想。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

イオンのドラえもん恵方巻き2017!種類や特典、店頭予約の方法と締切日は?

2017年の節分にイオンで販売される「ドラえもんのえほうまき」シリーズ全3種類の内容や値段、予約特典

記事を読む

早明浦ダムの貯水率低下で旧大川村役場が出現!四国が水不足で焦り出す

2016年8月24日に3年ぶりに旧大川村(おおかわむら)役場が四国の水がめ「早明浦ダム」の水面から姿

記事を読む

ミスドのバレンタイン2017ショコラデニッシュ(チョコ&ホイップ)の感想!どっちがおいしい?

2017年1月6日から始まったミスタードーナツのショコラカーニバルで、バレンタインにピッタリのショコ

記事を読む

台風16号(2016)の最新進路予想は鹿児島上陸!四国や近畿横断の恐れ

2016年9月19日(祝・敬老の日)~9月20日(火)の夜中にかけて台風16号(マラカス)が、九州南

記事を読む

【クリスマスケーキ2016】コンビニのブッシュドノエルを比較してみた

2016年のクリスマスケーキにコンビニのブッシュドノエルはいかがですか? ローソン・セ

記事を読む

ブラックフライデー2016のイオンモールに潜入!食品売場や専門店では客も店員も困惑気味!?

2016年からイオンでもブラックフライデーが始まりました。初めてのイベントだったので、近所のイオンモ

記事を読む

めざましテレビで見たマシュマロスイーツは期間限定ショップで!

2016年2月12日、めざましテレビのイマドキのコーナーで、渋谷モディ1階に2月14日まで期間限定で

記事を読む

モスチキンのクリスマス2016予約特典と値段!予約なしで当日買える?

2016年のクリスマスチキンは、モスバーガーで販売されているモスチキンがおすすめです。 モスチ

記事を読む

ケンタッキークリスマス2016のメニューは予約なしで当日買えるかお店で聞いてみた!

2016年のクリスマスイブやクリスマス当日に、ケンタッキーフライドチキンのクリスマスメニューは予約な

記事を読む

関東に初雪の予想!?2016年11月に東京で降れば54年ぶり!早すぎる真冬の到来

今日、2016年11月23日(水)は「勤労感謝の日」の祝日ですね。休日を過ごしているあなたにお知らせ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
ケンミンショーで熊本美人に騒然!?誰もが移住したくなる熊本美人の特徴とは?

2017年5月25日(木)放送の秘密のケンミンショーの熊本美人のレベル

横浜美人がケンミンショーで遂に登場!出川の街は美人天国?

2017年5月18日(木)放送のケンミンショーで横浜美人が多数登場!こ

関東梅雨入りも降水ゼロ?関東の水不足の現在や最新貯水率は?

2017年は6月7日頃に梅雨入りした関東地方。梅雨入り後は雨が続く?と

ギンザシックスの大人プラザの限定品がスゴい?おすすめ商品を紹介!

ギンザシックス4Fフロアのオトナプラザ「♯0107PLAZA」はオシャ

カールが販売中止!?地域や理由は?品薄でカールおじさん困惑?

カールが販売中止!という衝撃の事実。カールが東日本で販売終了することが

→もっと見る

PAGE TOP ↑