*

日照不足の野菜高騰で冷凍野菜が大人気!売れる秘密と調理法とは?

公開日: : 季節・イベント

2016年の9月~10月にかけて北海道など日本各地が、日照不足で太陽光が少ない状態が続いています。食欲の秋シーズンの真っ最中ですが、日照不足により野菜の価格が極端に高騰し、東京など各都市でも影響が出ています。そんな中、大注目を集めている野菜があります。

それは、「冷凍野菜」なんです。特に、10月に入ってからものすごく売り上げがアップしているそうです。

「冷凍野菜」が今売れている秘密とは?冷凍野菜のお手軽簡単な調理法も紹介します。

 

 

日照不足で野菜高騰の今!「冷凍野菜」が大人気!

食食の秋のシーズン到来!!

と言いたいところですが。

 

主婦(主夫)や自炊民にとっては、

大変な状況になってきています。

 

2016年の秋(9月~10月)は、

日照不足によって野菜の価格が極端に高騰中なんです。

 

野菜の一大産地である北海道も日照不足で、

野菜価格の高騰に大きな影響が出ています。

 

東京など首都圏や各都市でも野菜の高騰がとまりません。

 

そんな状況のなか

救世主ともいえる大注目の「野菜」があります。

 

実はその野菜とは、「冷凍野菜」なんです。

 

特に生野菜の価格が高くなっている

「ほうれん草」や「ブロッコリー」などの冷凍野菜が人気です。

 

今まで冷凍野菜は、

敬遠していた人もこぞって

買いだめしているというから驚きです。

 

生鮮野菜が高騰を続ける「今」

冷凍野菜が大人気で売り上げの増加が、

とにかくすごいようです。

 

10月に入ってからは、

顕著に売り上げが伸びているんです!!

 

冷凍野菜の売り上げアップの秘密とは?

日照不足により野菜価格が高騰を続ける中、

冷凍野菜の売り上げが伸びているのには

ちゃんと理由がありました。

 

まず、生野菜が高騰を続ける

「ほうれん草」や「ブロッコリー」の冷凍野菜は定番商品で

大体どこのお店にも売っていることが挙げられます。

 

各食品メーカーが競い合って

良い商品をたくさん販売しているので、

買うのに迷ってしまうぐらいです。

 

2つ目の理由は、

価格が変動しないこと。

 

そうなんです!

生野菜は価格変動によって左右されるけれど、

冷凍物は天候に関係なく、

同じ価格で買えるんです。。

 

冷凍野菜の方が高いと思われがちですが、

通常時の価格でも生野菜よりも何十円か高いだけなんです。

 

そして、3つ目の理由がすごいんです。

どこのスーパーでもよくやっている冷凍野菜の半額セール。

 

半額セールの時に冷凍野菜を買えば、

生野菜よりも格段に安く買えてしまえます。

 

冷凍野菜って、

日照不足で野菜が高騰している今年のような時に

本当に重宝しますね。

 

冷凍野菜のお手軽簡単な調理法とは?

日照不足 冷凍野菜 ブロッコリー
 

野菜の価格高騰で

冷凍野菜が大人気になって

調理法にも注目が集まっています。

 

冷凍野菜を調理する時の

一番のポイントは「凍ったまま使わないこと」

 

凍ったままの状態で食材を入れてしまうと

水分でベチャベチャになってしまうんです。

 

ほうれん草は、

熱湯でサッと「10秒」茹でると

まるで生野菜のようにシャキッとなります。

 

ブロッコリーの場合は、熱湯で「30秒」茹でた後に、

水気をサッと切るのがポイントです。

 

そうすることで生野菜のようなシャキシャキ感が残せて

冷凍野菜とは思えない感じになります。

 

ただし、これからの冬の定番メニュー「シチュー」をつくる場合は別の方法がおいしく仕上がります。

 

シチューに冷凍ブロッコリーを入れる際には、

シチューが出来上がる5分ほど前に入れます。

 

 

あとは、一緒に煮込んで

シチューの味を絡ませるだけです。

 

冷凍野菜でも

生野菜のように食べれる裏ワザ調理法を知ってしまうと

冷凍野菜でも十分ですね。

 

冷凍野菜は、とてもお手軽で簡単だし、

便利な野菜ですね。

 

少しひと工夫加えるだけで

生野菜のようなシャキシャキ感が蘇ります。

 

冷凍野菜は、

長期保存ができるのも魅力ですね。

 

日照不足による野菜の高騰は、いつまで続くの?

冷凍野菜が野菜価格こうとうの救世主になってくれるとはいえ、

やっぱりフレッシュな野菜も食べたいですよね。

 

まず、10月現在の野菜価格について調べてみました。

10月上旬の東京卸売市場における野菜1kgあたりの価格動向は、

こうなっていました。

 

・ほうれん草 1,172円(例年より521円up)

・ブロッコリー 680円(例年より240円up)

・レタス 512円(例年より329円up)

・白菜  169円(例年より30円up)

・人参 260円(例年より138円up)

 

9月にスーパーに買い物に出かけた際に

ニンジンのあまりの高さに驚きましたが、

さらに価格が上昇している模様です。

 

前年よりも野菜全般的に軒並み高い価格となっているようです。

 

レタスは、例年の約3倍も高くなっています。

 

ホウレンソウやブロッコリーの値段は

極端に高いですね。

 

気になる今後の野菜価格の動向は、どうなるのでしょうか?

 

農林水産省によると、

11月中旬ごろまで野菜が高い状態が続くようです。

 

これから鍋シーズンもやってくるので、

早く価格が落ち着いてくれることを

願いたいですね。

 

まとめ

日本の食糧庫の北海道などを中心に日照不足が深刻だったことで、野菜価格の高騰が続いている!

2016年の食欲の秋は、東京など都市部でも野菜高騰の心配をしなければいけない状況に。

日照不足の野菜高騰で「冷凍野菜」が今大人気!!

冷凍野菜は、価格が変動しないことが人気の秘密。

半額セールを利用すると超お得に買えるのも冷凍野菜の魅力。

価格高騰が大きいブロッコリーやほうれん草の商品が、充実しているのも冷凍野菜が人気の秘訣。

冷凍野菜でも調理法を一工夫すると、生野菜のようなフレッシュなシャキシャキ感が味わえる。

野菜価格の高騰は11月中旬ごろまで続く予想。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

ケンタッキー福袋2017中身ネタバレ!ケンタお重も一緒に酉年スタート!!

ケンタッキーフライドチキン(KFC)の2017年「ケンタ福袋」の中身ネタバレと販売期間や値段

記事を読む

プレミアムフライデーのイオンは割引商品満載?ビッグフライデーに潜入!

2017年2月24日(金)全国一斉にスタートしたプレミアムフライデー。イオンやイオンモールでは「ビッ

記事を読む

ミスド福袋2017スヌーピーグッズサンプル画像と中身ネタバレ(引換券や紙袋など)の感想

ミスド福袋2017について、店頭に展示されていたスヌーピーグッズや引換券、紙袋などの中身ネタバレ画像

記事を読む

猛暑日で昨日の最高気温ランキングが真夏並!山梨と静岡で38度超で東京も36度

2016年7月7日(木)は彦星と織姫が天の川で1年に一度だけ出会える七夕でしたが、日本各地では猛暑日

記事を読む

2016年の関東はカラ梅雨なの!?32年ぶりに早い梅雨明けの奄美との関係性とは

首都圏の東京など人口が集中する関東地方で、深刻な水不足となっている2016年の梅雨。先週、南国沖縄や

記事を読む

恵方巻きをセブンイレブン予約して福を呼ぶ!八品目の素材は縁起が良くておすすめ!

2017年2月3日の節分まであとわずか!節分にはセブンイレブンの「福を呼ぶ八品目の恵方巻」が縁起が良

記事を読む

めざましテレビで見たマシュマロスイーツは期間限定ショップで!

2016年2月12日、めざましテレビのイマドキのコーナーで、渋谷モディ1階に2月14日まで期間限定で

記事を読む

矢木沢ダムが渇水!現在の貯水率や場所をシューイチが独占取材で驚愕の状況が明らかに

2016年関東では深刻な水不足が心配されていますが、首都圏の水がめである矢木沢ダムの貯水率は

記事を読む

利根川水系で10%取水制限が2016年6月16日に開始で影響が東京にも及ぶ?

2016年6月14日(火)の各テレビ局のお昼のニュースで関東の水不足により、利根川水系でも10%取水

記事を読む

梅雨前線の2016年7月1日の天気図が驚き!なぜ真二つに切れちゃった?

2016年7月1日(金)午前3時頃の梅雨前線の天気図がひるおびで紹介され、正直驚きました。なぜかとい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
テイクアウトや宅配で食中毒の予防や対策は?注意すべきポイントとは?

最近、宅配やテイクアウトを利用する人が増えていますよね?新型コロナの

巣ごもり消費でにんにくグルメ急増?コンビニの手軽な食品が人気?

巣ごもり消費でテイクアウトが人気の今、食品業界ではニンニクグルメがブ

緊急事態宣言の解除!延長の大阪や東京はいつまで?仕事や飲食店に変化が!?

2020年5月14日(木)、緊急事態宣言が39県で解除に!特定警戒都

マスクで熱中症対策できてる?子供のためにもできる熱中症対策とは?

あなたはマスクで熱中症対策できていますか?新型コロナウイルス感染症対

イデアインターナショナルの株主優待でリレントの黒石鹸!使用感や使い道は?

イデアインターナショナル(3140)の株主優待カタログ(2017年)よ

→もっと見る

PAGE TOP ↑